「ただちに」「すぐに」「のちほど」「後日」ってどれくらい?

 

対応するためにお時間をいただく場合、
可能であればなるべく正確に「五分後に」などと
お伝えするのがベストですが、
なかなかそうはいかないのが現状です。

 

そのような場合は、「ただちに」「すぐに」「のちほど」「後日」
などある程度幅を持った表現でお伝えすることが多いですが、
実は、これらの言葉はある程度対応するための時間が
決まっているのはご存知でしょうか?

 

一般的に、お待たせする時間の目安は以下の通りです。

 

  • 「ただちに」「すぐに」・・・5分以内
  • 「のちほど」・・・・・・・・30分以内
  • 「後日」・・・・・・・・・・48時間以内

 

すぐに対応できない場合で
正確な時間がわからないような場合には、
これらの目安に従ってお伝えするようにしましょう。