「公正証書」って何だろう?【その2】

2017-02-18

note

 

「公正証書」について、
前回の続きから見て参りましょう。

※参考:「公正証書」って何だろう?【その1】

 

 

|公正証書作成の手数料

 

公正証書を作成するにあたっては、
「公証人手数料令」の定める手数料を支払う必要があります。

法律事務所で取り扱うことの多い
契約をはじめとする法律行為にかかる証書作成の手数料は、
基本的には目的額によって異なります。

 

なお、ここにいう「目的額」というのは、
その行為によって得られる一方の利益、
その行為によって負担する不利益を金銭評価したもの
とされており、訴訟の場合とは異なるので注意しましょう。

 

また、売買契約のような双務契約の場合は、
双方が負担する額の合計額が目的額とされます。

 

なお、任意後見契約のような金銭評価が
不可能なものについては、一律500万円とみなされます。

 

kouseishoushoryoukinn

 

※参考:日本公証人連合会HP「手数料(公正証書作成等に要する費用)(2017年2月18日現在)

 

 

|公証役場ってどこにあるの?

公証役場は全国の主要都市に300カ所ほど存在します。

※参考:日本公証人連合会HP「公証役場所在地一覧2017年2月18日現在)

 

 

 

|公正証書の作成に必要な持ち物は?

 

公正証書を作成するためには、
当事者または代理人が公証役場に出向いて
公証人の面前で口授(説明)しなくてはなりません。

 

従って、まずは、公正証書にしたい原案を、
しっかりと文書等にまとめておく必要があります。

 

事前にしっかりと準備していかないと、
何度も公証役場に出向かなくてはならなくなり、
二度手間となってしまうので注意しましょう。

 

また、公正証書を作成する際には、
本人であることを確認するための身分証明が求められます。

 

本人が直接出向く場合は、

上記のいずれかを持参します。
 
 
パラリーガルや弁護士が代理人として出向く場合は、
下記のものが必要となるので注意しましょう。

 

※参考:戸籍・住民票請求 パラリーガルの身分証明について

 

厳密には持ち物とはいえませんが、
公正証書を作成する際には、証人が必要となる場合があります。
本人たちで用意できない場合は、役場で確保してもらいます。

 

他にも、相続関係の場合は戸籍謄本が必要となったり、
作成する公正証書によって持ち物が異なってきます

従って、必ず事前に公証役場に確認するようにしましょう。

 

 

|どのような流れで作成するの?

 

まずは、公証役場に電話で連絡をして、
公正証書作成の予約をとりましょう。

 

事前にFAXで内容を送ることができる場合もあります。

 

予約した日に、公証役場へ出向きましょう。

 

当日のおおまかな流れは、下記の通りです。

 

kouseishoushoflow

 

公正証書は、婚姻時や相続時だけではなく、
近年は、養育費の取りっぱぐれを防止するためや、
高齢者が任意後見契約を締結するためにもよく
利用されるようになってきています。

法律事務所にもそれだけ相談が入ることが多くなっています。

従って、法律事務所で働くパラリーガルとしては、
公正証書についてさわりだけでも知っておいて損はありません。

この二回にわたって説明してきた知識だけでも
是非とも頭の隅にでも入れておくようにしましょうね!

 

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

<無料説明会のご予約はこちらから>

関連するコラム

■ 講座日程 ■

インターメディエイト・パラリーガル

アドバンスド・パラリーガル

■ 講師 紹介 ■

■ 資料請求 ■

   

■ ブログ ■

Copyright© 2010 AG法律アカデミー|法律事務所に就職できるパラリーガル資格取得講座 All Rights Reserved.