非正規雇用「貧困女子」から脱出してパラリーガルに!

woman_sad

┃どうして貧困女子になってしまうの?

近年クローズアップされている「貧困女子」問題。

なんと、働く世代の単身女性の3人に1人が月の手取賃金10万円を切り、
大変苦しい生活を強いられているとのこと。

30代前半までの若い貧困女子が増えている背景としては、
下記のような原因が挙げられます。

 

非正規の女性が増加している

15歳から24歳までの女性では50%を超えています。
非正規の場合、体を壊せば収入が断たれるため、
貧困となるリスクが大きいです。

また、一度非正規になってしまうと、
なかなか正規にはなれないという日本社会の現実も、
貧困女子の増加に追い打ちをかけていると思われます。

フリーター経験が3年を超えると、
正社員としての就職率が5割以下に下がるというデータもあります。

 

未婚のシングルマザーが増加している

未婚のシングルマザーは30代前半までの若い層が42%を占め、
十分な教育や職業経験を積む前に親となり、
出産後の再就職に苦労しているケースも多く見られます。

 

離婚や介護などの問題を抱える女性が多い

・それまで専業主婦として働いていたのに離婚した場合。
・幼い子供を連れて離婚をした場合。
・虐待やDVなどが理由で手元に資金のないまま逃げてきた場合。
・病気や高齢の家族の介護により仕事をやめざるを得なくなってしまった場合。

など、現代ならだれにでも起こりうるような理由で、貧困女子は発生します。

子育てや介護を家族皆で協力して行えば
女性だけが貧困になるということはありませんが、現代の日本社会には、
依然として子育てや介護は女性がやるべきという風潮があり、
多くの女性はそれを受け入れざるを得ない状態にあります。

そういった理由で、女性は男性に比べて圧倒的に貧困に陥る可能性が高いのです。

 

 ┃貧困女子にならないために手に職をつける

「貧困女子」が貧困から抜け出せない理由の一つに、
安定して働く場所がない」ということがあります。

出産、育児、介護、離婚。
これらは誰にでも起きうるような理由なのに、
一度経験してしまうと、状況によっては、社会復帰が難しくなるという理不尽さが存在します。

つまり、貧困女子にならないためには、
いつでも社会復帰できるスキル」を身につける必要があります。

例えば看護師などは、女性がいつでも社会復帰できる職業として有名だと思いますが、
パラリーガル(法律事務職員)もまた同じです。

法律事務所は全国どこでも存在します。
介護や離婚で転居を余儀なくされたとしても、基本的にはその先で法律事務所はあります。

また、全国どこの法律事務所であっても、基本的な仕事内容は共通です。
(裁判所へ提出する書類の書式等が全国で統一されているから。)

したがって、身につけたパラリーガルスキルは、
その人の財産となり、転職する際には即戦力です

法律事務所(パラリーガル)の求人を探してみると、
「経験者求める」、「経験者優遇」
といった記載が目立ちますが、このことが、
まさに「パラリーガルは転職に強い」ということを裏付けています。

「貧困女子」にならないために、あるいは「貧困女子」から抜け出すために、
専門スキルを身につけることを考えるのは、とても重要なことです。

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>