【ビジネスマナー】お辞儀の作法(会釈、普通礼、敬礼、最敬礼)

 

ビジネスマナーの基本に「お辞儀」があります。

 

お辞儀にはさまざまな種類があり、
職種や状況等によっても使い分けがあります。

 

心をこめてお辞儀をするのが何より大切なことですが、
基本的なお辞儀の作法を知っていて損はありません。

 

そこで、今回は、状況に応じたお辞儀ができるよう
お辞儀の基本について一緒に見て参りましょう。

 

 

 

|お辞儀の際の立ち姿勢を美しくするためのポイント

 

下記の点に気をつけると、立ち姿勢が美しく見えます。

 

1.足は、かかとをつけて、つま先を少しだけひらく

 

2.背筋を伸ばして姿勢よく立つよう心掛ける。

 

3.目線がまっすぐ向くよう、顎が上がらないように注意する。

 

4.手は体の真横か前に来るようにして、腕は自然におろす

 

 

 

|美しく見えるお辞儀の手順

 

下記の点に気をつけるとお辞儀が美しく見えます。

 

1.相手に視線を合わせる。

 

2.背筋を伸ばしたまま、腰から曲げる。
首が曲がらないように注意する。

 

3.腰を曲げた状態で一呼吸

 

4.ゆっくりと上半身を起こして、背筋を伸ばしたまま立つ。

 

5.再び相手に視線を合わせる。

 

 

 

|「語先後礼」と覚えておく

 

「失礼します」等の言葉とお辞儀をセットで行う場合は、
言葉を伝えてから頭を下げるようにしてください。

 

お辞儀をしながら言葉をかけるのは、
言葉が聞こえにくくなるばかりではなく、
場合によっては失礼にあたります。

 

 

 

|TPOをわきまえたお辞儀の種類

 

基本的なお辞儀は「会釈」です。

体を15度曲げる、もっとも軽いお辞儀です。

「かしこまりました」や「失礼いたします」などと
指示を受けた際やお待たせするときなどに用います。

 

 

感謝や歓迎をあらわすときや
上司や依頼者にお辞儀する場合は「普通礼」です。

敬礼」ともいいます。

体を30~35度曲げるお辞儀です。

 

 

お詫びをするときなどには「最敬礼」を用います。

体を45~60度曲げる、もっとも厳格なお辞儀です。

 

 

作法に則ってしっかりとお辞儀をすることで、
気持ちの良い人間関係を構築することができます。

 

日頃からお辞儀の作法を意識して
しっかりとしたお辞儀を心がけるようにしましょう。