【受け答えは1解答20秒!】パラリーガル(法律事務)面接の基本

syuukatsu

日頃、受講生・修了生の皆さんの
面接対策をしていると感じること。

それは、
「一つの質問に対する、
答えがとても長い」
ということです。

 

「どうして法律事務所で働きたいの?」
「前の仕事ではどんな仕事をしていたの?」

このような質問に対しては、特に長くなりがちで、
1分以上、話し続ける方も少なくありません。

 

「1分以上も話したりしないよ~。 」
と思われるかもしれませんが、
話ている側からすると、1分なんてアッという間なので、
なかなか気がつかないものです。

しかも、その答えには、句読点がつかないことが多く、
要点を得ず、ダラダラとした印象を受けることが殆どです。

 

要するに何が言いたいのか、よくわからないこうした話は、
聞いている側にはとても長く感じます

特に弁護士は、話の長い人が嫌いです。

 

弁護士は、日々非常に忙しいので、
日常業務の中でも、質問したことに対して、的を射た端的な答えを求めます。

法律事務職員も、日頃より
結論をまず明確にズバッと報告するよう
徹底的に訓練されています。

 

面接で、質問に答える際には、
結論からズバッと答え、
原則、1回答20秒以内です。

句読点がつくように、
一文を短く
明確・簡潔にしっかりと
受け答えをしましょう。

これを意識するだけで、面接はテンポ良く進み、
弁護士に与える印象も、グッと良くなりますよ。

是非、ストップウォッチを片手に
何回も試して、しっかりと準備しておきましょう!

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

 

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>