【基本的なビジネスマナー】名刺の交換・保管の際の注意点

 

現代社会において、名刺交換は欠かせません。

 

会社勤めをしている方はもちろんのこと、
主婦の方や学生さんも、日常生活において
名刺をいただく機会があると思います。
 
「名刺なんてただ交換すればいいだけでしょ?」
そう思いがちですが、
名刺交換にもしっかりとしたマナーがあります。
名刺ははじめに見せる「顔」のようなもの。

 

特にビジネスの世界では、名刺交換の際に
しっかりとマナーを守っているかどうかによって
その後の印象がグッと変わってきます

 

そこで、今回は、今さら人に聞きにくい
名刺の交換方法について一緒に見て参りましょう!

 

 

 

|名刺携帯の際のマナー

 

名刺は名刺入れに入れて携帯し、
切らさないように逐一補充しましょう。

 

名刺入れは、女性はバッグの中
男性は上着のポケットの中に入れましょう。
お尻のポケットに入れたり、
財布に直に入れたりは失礼なのでやめましょう。

 

万一切らしてしまった場合は
「申し訳ございません。名刺を切らしております。」
謝罪し、後日、詫び状とともに郵送するようにしましょう。

 

 

 

|名刺を差し出す際の手順

 

名刺は、基本的には訪問者が先に差し出します。

 

訪問者が名刺を差し出してこない場合でも、
自ら率先して差し出すようにしましょう。

 

名刺を差し出すときは、
以下の手順に従って差し出しましょう。

 

1.名刺入れから取り出す

2.相手が読める方向に向ける

3.名乗りながら両手で差し出す

4.会釈をしながら丁寧に渡す

 

 

 

|名刺を受け取る際の手順

 

相手から名刺を差し出された場合は、
以下の手順に従って受け取りましょう。

 

 

1.相手が名刺を差し出したら、
  会釈をして両手で丁寧に胸の高さで受け取る。

相手の名刺の文字に指が乗らないよう注意しましょう。

 

2.「ありがとうございます」「頂戴いたします」等と伝える。

 

なお、相手の名前が読めない場合は、素直に尋ねましょう。

 

 

 

|名刺を同時に交換する際の手順

 

名刺を同時に交換する際は、
以下の手順に従って交換するようにしましょう。

 

1.挨拶をし、すみやかに名刺を名刺入れから取り出す。

 

2.お互いに名乗る

 

3.自分の名刺を右手で差し出し、相手の名刺を左手で受け取る。

  ※この際に、相手の名刺より高い位置で渡さないように努めましょう。

 

4.受け取った名刺に両手を添える

 

 

 

|名刺を置く位置とファイリングについて

 

名刺は、相手の「顔」と同じです。

 

名刺を受け取ったあとも、
その人の「顔」を扱うと考え、大切に扱いましょう。

 

受け取った名刺は、基本的に両手で胸の高さで持ちます。

 

相手の役職と名前を記憶するまで、机上に置いておきます。

 

複数人いる場合は、席の順に置きます。

 

名前を記憶したら、名刺入れに丁寧にしまいます。

 

帰宅後、名刺をファイリングします。

 

後日相手のことを思い出すために有益なので、
名刺をファイリングする際には、
受け取った日時、場所、本人に関する情報などを
名刺の裏などにしっかり記載しておきましょう。

 

 

 

以上が名刺に関するビジネスマナーです。

 

最初はルールだらけで面倒くさいと思いますが、
慣れてくると自然と考えずにできるようになりますので、
それまではしっかりとマナーを意識して交換するよう心がけましょう。

 

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>