お客様へのお茶やコーヒーの出し方<準備編>

2017-04-12

 

法律事務職員の仕事内容のひとつに、
お客様へお茶をお出ししておもてなしをすることも
含まれることがほとんどです。

 

「お茶なんて普通に入れて出せば良いんでしょ?」

 

いいえ。

 

実は、お茶をお出しする方法にも、
きちんとビジネスマナーが存在します。

 

今回から3回にわたり、お客様にお茶をお出しする際の
ビジネスマナーについて一緒に確認して参りましょう。

 

 

お客様がいらっしゃったら、
まずは以下の手順でお茶の準備を行います。

 

 

1.人数を確認する

まずはお客様及び事務所側の同席する人の数を確認します。

 

お飲み物に選択肢がある場合は、
「お茶とコーヒー、どちらになさいますか?」
などとお伺いしましょう。

 

なお、この際に「どちらにいたしますか?」と
聞いてしまわないように注意しましょう。

 

※参考:「バイト敬語」をつかっていませんか?

 

 

2.割れ・ひびがないか確認する

湯呑や茶たく、コーヒーカップやソーサーに
割れや欠け・ひびなどがないかしっかりチェックします。

 

 

3.湯呑を温める

一度お湯を注ぎ、湯呑を温めておきます。
そうすることで、せっかく沸かしたお湯が
冷めてしまわないため、おいしいお茶を淹れられます。

 

 

4.お茶を淹れる

お茶を淹れる場合は、急須を使用します。

事務所によってはティーバッグを利用するところもあるので、
先輩パラリーガルにあらかじめ聞いておきましょう。

 

 

5.お茶を湯呑にそそぐ

温めておくためのお湯を捨て、湯呑にお茶を注ぎます。

この場合、濃さが均等になるように、順に回しながら注ぎます。

目安は7分目程度です。

 

コーヒーを淹れる場合は、
少し蒸らしてから、ゆっくりと回しながら注いでいきます。

 

 

6.拭く

湯呑や茶たく、カップやソーサーに付着した
水分をきれいな布でふき取ります。

 

 

7.お盆に乗せる

お盆に、湯呑と茶たくを分けて乗せます。

コーヒーの場合も同様です。

 

 

以上でお茶をお出しする準備は完了です。

次回は、運び方です。乞うご期待!

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

<無料説明会のご予約はこちらから>

関連するコラム

■ 講座日程 ■

インターメディエイト・パラリーガル

アドバンスド・パラリーガル

■ 講師 紹介 ■

■ 資料請求 ■

   

■ ブログ ■

Copyright© 2010 AG法律アカデミー|法律事務所に就職できるパラリーガル資格取得講座 All Rights Reserved.