どんな男性がパラリーガル(法律事務職員)に向いているの?

man2

『男性もパラリーガル(法律事務職員)になれる?』
という記事で、男性パラリーガルと女性パラリーガルとでは
求められるスキルや職務内容が異なると書きました。

 

では、男性パラリーガルに求められるものは何か。
今回は「パラリーガルとして求められる男性の人物像
についてお話ししていきたいと思います。

 

┃勤勉でタフな男性

ざっくりと一言であらわすと、
勤勉でタフな男性」が求められる傾向にあります。
具体的には以下の人物像がこれにあてはまります。

 

1.向上心が強く、努力を怠らない人

男性パラリーガルは、
専門的な業務をこなせるだけのスキル
しっかりと身につける必要があります。

なぜなら、法律事務所では、男性の場合、
秘書業務での需要が殆ど無いからです。

 

そして、専門性の習得、スキルアップには
向上心不断の努力が欠かせません。

従って、男性パラリーガルには、
向上心が強く、努力を怠らない人が求められます。

 

2.怯まずに立ち向かう精神的なタフさを持った人

弁護士が扱う案件の中には、強圧的な事件関係者や依頼者と
かかわりを持たざるを得ない場合も少なくありません。

そのような人たちと対峙する場合、
女性パラリーガルでは、太刀打ちできません。

 

従って、男性パラリーガルには、
強圧的な相手にも怯むことなく、主張すべきことはしっかり主張し、
毅然たる態度で立ち向かうことのできる、
精神的なタフさを持った人が求められます。

 

女性が多い法律事務所の中で、このような男性パラリーガルは、
弁護士からすると、とても心強いパートナーです。

実務では、バリバリ働く沢山の男性パラリーガルが、弁護士と二人三脚で活躍しています。
パラリーガルは、男性にとっても、とても魅力的なお仕事です!
 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

 

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>