まずは相手の求める人物像を把握しよう!

chousa

就職相談を受けていると、
相手がどのような人を求めているのか
を把握していない方が意外と多いんです。

-そんなの求人情報見れば書いてあるじゃない?

確かに、求人情報にはさまざまな要件が書かれています。

 

しかしながら、求人情報に書かれていることは、
学歴、資格や実務経験など能力面についてのことがほとんどで、
人物像については「真面目」「向上心」「努力家」「素直」など
あいまいなものしか記載されていません。

もちろん、能力も大切なのはいうまでもありませんが。

 

ただ、私がいままで接してきた多くの採用担当者は
「結局、採用するかしないかの決め手になるのって、
一緒に働きたいと思えるかどうかなんだよね。」
と口をそろえて言っています。

面接では、客観的要件以上に、その人の「ひととなり
すなわちパーソナリティーが重視されているのです。

 

従って、採用を勝ち取りたければ、
まずは相手がどのような人物像を求めているかを
しっかりと正確に把握する必要があります。

その上で、相手の求めに応じた雰囲気や人格を
演出するように努めましょう。

 

相手の要求を知るには、
OB・OG訪問、セミナー、会社説明会、インターンなどで
直接接するのが一番ですが、
応募先のホームページの写真や文章、
コラム日記を執筆されているのならばその記事、
雑誌に掲載されている場合はその内容をチェックする
などによっても知ることができます。

 

そのままの自分をアピールするのではなく、
少しでも相手の求める人物像と合致した人物を演出できるよう
しっかりと事前調査を欠かさないようにしましょう。

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>