アラサー事務職OLの転職に強い資格!

oltalking

アラサーといえば、社会人経験7年目前後といったところでしょうか。

会社からも信頼され、仕事も任されるようになり、
中には管理職になった人もいるかと思います。

仕事は落ち着いて順風満帆だけれども・・・

仕事が落ち着いてくる反面、
プライベートでは結婚や出産をはじめとして、
大きく変化がある年齢ともいえます。

 

「本当にこの職場で、働き続けてイイの?」

「私は一生この事務をやり続けるんだろうか・・・ 」

 

アラサーは、将来設計をしなければならない年齢ともいえます。

 

今は、「女性の社会進出」を謳うアベノミクスの影響で、
女性の就職・転職は売り手市場といえます。

しかし、やはり過るのは氷河期、バブル崩壊、リストラ・・・

その時の政権によって政策がガラっとかわるため、
将来どうなるかは誰にもわかりません。

 

安易な転職は自分の首を絞めかねないため、絶対に避けたい!

どうせ転職するのならば手に職をつけたい!

不況に負けない仕事に就きたい!

・・・そう考えるのは当然のことと思います。

 

ただ、実際「手に職をつける」というのは難しいものです。

女性の専門職の典型である看護師は看護学校に通わなくてはいけませんし、
ネイリストや美容師になるにも専門学校に通わなければなりません。

そんな膨大な時間や多額のお金をかけるのはちょっと・・・

さらに、事務職で専門職って、何があるんだろう・・・。

 

そんな方におススメなのが、
転職に強い、パラリーガル資格(法律事務職員)です!

法律事務所は全国のどこにも存在します。

法律事務所の仕事は、
全国どこの事務所であっても、基本的な業務内容は共通です。
(裁判所へ提出する書類の書式等が全国で統一されているからです。)

 

したがって、配偶者の転勤や両親の介護などにより、
引っ越しを余儀なくされたとしても、転居先の近くにある法律事務所で、
直ぐに即戦力として仕事をすることができます。

 

「パラリーガルが転職に強い」といわれる所以は、ここにあります。 

  •   安定した給料
  •  正義を貫く弁護士のパートナーという立派な社会的地位
  • セクハラ・パワハラの圧倒的に少ない職場環境
  • 女性のライフスタイルにあわせた環境
  • 転職に有利で全国どこでも働ける職種
  • 将来性

 

今後ますます法曹人口は増加し、
弁護士人口も増加していくものと予想されます。
ますます法律事務職員の需要も拡大していくことでしょう。

あなたも法律事務のエキスパートを目指してみませんか?

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>