パラリーガルなら知っておきたい「議題」と「議案」の違い

 

会社の会議などで「議題」や「議案」という
言葉がよく出てくるかと思います。

 

法律を学ぶ上でも、会社法において、
株主総会や取締役会の項目でよく目にします。

 

日頃から何となく使っている「議題」と「議案」。

 

厳密には似て非なるものとご存知でしょうか?

 

今回は、「議題」と「議案」の違いについて
一緒に見て参りましょう。

 

 

|「議題」は会議等のテーマそのもの

 

まずは「議題」について。

 

「議題」は、会議の目的事項(テーマ)そのものを指します。

 

たとえば「取締役選任の件」などがこれにあたります。

 

身近な例で言うと「PTA役員選任の件」というのは議題です。

 

 

 

|「議案」はテーマに対する具体的提案

 

これに対し、「議案」は、
会議等の目的事項に関する具体的な提案を指します。

 

「AG太郎氏を取締役に推薦する。」というのがこれにあたります。

 

PTAの例であれば「3の倍数の学籍番号の生徒を
子に持つ親をPTA役員とする。」などという提案が議案です。

 

 

 

企業法務を取扱う法律事務所の場合は
まず間違いなく「議題」「議案」を耳にするので、
いざというときに混乱しないようしっかり覚えておきましょう。