パラリーガルに要求される英語力はどのレベル?

english

パラリーガルに英語力は必要?

まず、最初にお伝えしておきたいのは、
「パラリーガルには必ずしも
英語力が求められているわけではない」
ということです。
 
国内の法律事務所において、離婚や相続、交通事故といった、
一般民事事件を扱う事務所であれば、パラリーガル(法律事務職員)の求人で、
英語力が求められることは、基本的にはありません。

ですので、英語が苦手な方も、全く心配はいりません!

しかし、中には一定の英語スキルを要する法律事務所もあります。
実際、法律事務所の求人を見ると、高い英語力を要求しているものもあったりします。

では、英語力を要求される法律事務所とは、どのような事務所なのでしょうか?
 

パラリーガルに英語力を求める法律事務所とは?

企業法務を中心に扱う大手の事務所では、英語力が必要となることがあります。
これらの事務所では、具体的にどのような案件を取り扱うのかというと、
国内・国外の企業に関するM&A等の渉外業務をはじめ、会社設立やファイナンス、知的財産など多岐に渡ります。

大手法律事務所や、外資系企業の顧問を専門的に取り扱う法律事務所では、
海外企業とのやり取りも多いことから、ある程度の英語力が必要となります。
では、具体的に、法律事務所ではどの程度の英語力が求められるのでしょうか?
 

英語必須の法律事務所では、要求されるレベルはどのくらい?

法律事務所が取り扱う案件の種類や、その事務職員が担当する業務内容によって、
要求される英語力のレベルは異なります。

秘書業務の場合

来客の対応や電話応対、弁護士のスケジュール管理といった、秘書業務に就く場合には、
日常会話程度の英語力があれば大丈夫な事務所が多いでしょう。

また、事務所によっては、国内秘書と国外秘書に分かれている事務所もあります。
この場合、さほど英語力が必要となるわけではありませんが、それでもやはり、
採用の際には、最低限の英語スキルが求めれることが多いです。

では、具体的に採用試験の際には、どのようにスキルチェックがなされるのでしょうか?

勿論これも事務所によって異なるわけですが、ます、TOEICのスコアは一つの資料となります。
概ね600〜800点くらいが基準になるでしょう。

そして、筆記試験の他、英語でどの程度コミュニケーションがとれるか確認するため、
英語での面接や英語での電話ロープレが行われることが多いです。
 

パラリーガル業務の場合

企業法務を専門とする弁護士は、大手企業のM&Aの他、ファイナンスや不動産部門の法務監査に関する業務を行いますが、
その際、膨大な資料や情報に基づいて、クライアントにリーガルサービスを提供します。

そこで、多忙な弁護士に代わり、この最初のドキュメンテーション部分を、通常はパラリーガルが担当します。
データベースを用いたり、国会図書館等にも出向きながら、情報収集や文献調査を行い、
弁護士が必要とするドキュメントを作成するという仕事です。

その過程で、英文の資料を翻訳したり、海外のクライアント様に英語で資料を作成したりする必要があります。
この様に、仕事で取り扱う対象が、法律関係の専門的な文書であるため、
求められる英語力は、日常会話程度よりも、さらに高度なレベルが要求され、ネイティブ並みの英語力が求められます。
TOEICでいえば、800〜900点以上のスコアが求められることが多いでしょう。

しかし、英語力が高く、TOEICスコアも900点以上あるような人でも、法律用語は専門的であるため、
そのボキャブラリは殆ど無いという人が多でしょう。

したがって、こうした事務所でパラリーガルとして活躍されている人たちも、専門知識ゼロで入り、
入所後に勉強してスキルを上げて行くというのが通常です。

 

英語力を必要としない法律事務所が大半

英語力が特に要求される法律事務所は、基本的には、4大事務所や外資系企業の顧問を専門とする事務所くらいです。

日本国内の法律事務所の約9割が、小・中規模事務所となります。
そして、その殆どの事務所では、日本人や国内の企業を顧客としており、英語力が必須ということはありません。

勿論、このような事務所も、時々は、外資系企業の案件について取り扱うこともありますが、
そのときは、外注をしたり、これらの案件を得意とする専門事務所と提携をしたりしているケースが多いため、
そこまで高度な英語力は要求されず、要求されるとしても、せいぜい日常会話レベルで足りるはずです。

ですので、英語力に自信のない人でも、パラリーガルのお仕事に興味があれば、
ぜひ、どんどんチャレンジしてくださいね!
 
===================================================