パラリーガルのアルバイト・派遣・正社員を使い分けよう!

woman3

求人情報を見ていると、パラリーガルの求人には
アルバイト・派遣社員・契約社員・正社員と
さまざまな雇用形態が存在します。

今回は、パラリーガルの雇用形態を
どのように使い分けられるかを見て参りましょう。

 

|ワークライフバランスに合わせて使い分ける

パラリーガル(法律事務)はワークライフバランスのとれる仕事
という記事内でもお伝えしたように、パラリーガルは、
出産・育児・介護などワークライフバランスのとりやすい職業で、
しかも、スキルがすべての世界です。

 

スキルさえ身につけることができれば
女性が、年齢や居住地に関係なく、
一生続けていくことができます

 

また、パラリーガルは、専門性の高い職種であるため、
正社員のみならず、アルバイト、契約社員、派遣社員等々
あらゆる雇用形態での需要があります。

 

なぜなら、パラリーガルスキルは、キャリアの積み重ねであるため、
それだけのスキルを持った人を、簡単に採用することはできません。
それゆえ、採用する法律事務所側からすると、たとえ短時間勤務であっても、
それなりのパラリーガルスキルを持った人を採用したいと考えるからです。

 

したがって、

  • バリバリと働いてキャリアと積みたいときには、正社員として働き、
  • 子供が小さい時期は、パートや契約社員で働いて、
  • 子供の手が離れたら、これまで蓄積してきたスキルを発揮し、
    また正社員として勤務する。
  • 介護がはじまったらまたパートや契約社員で働いて、
  • 介護の必要がなくなったらまた正社員として勤務する。
  • 夫の転勤にあわせて違う地域の正社員になったり
  • ちょっと自由な時間がほしいと思ったらパートや契約社員で働く。

 

といったように、パラリーガルは、女性のその時々のライフスタイルに合わせて
お好みの雇用形態でどんどん転職ができるお仕事なのです。
※参考:売り手市場?ーパラリーガル需要増加の理由はこれだ!

 

 

|自信がないときや社会復帰のリハビリには非正規から

  • 正社員で働きたいけど、なかなか正社員で内定がもらえない方
  • ブランクがあって、社会復帰に少し心配がある方

パラリーガルという仕事が、自分に合っているのか心配な方などは、
まず非正規社員からはじめて、スキルを身につけてから
正規雇用のパラリーガルに転職するというのもオススメです。

パラリーガルは、非正規からスタートすることも多く、
非正規から正社員になりやすいお仕事なのです!

※参考:男21%・女57%が非正規の時代ー安定した職場で働きたい!

 

キャリアを積んで、長く仕事をして行きたいという思いがある方は、
是非、法律事務のエキスパートを目指してみませんか?

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

 

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>