パラリーガル(法律事務職員)の守秘義務

2016-11-27

syuhi

法律事務所では、お客様の
極めてプライベートな情報を扱います。

 

弁護士は、法律上、
職務上知り得た情報を漏洩したり、
むやみに個人情報を開示しないなどの
守秘義務
を負っています。

 

(弁護士法23条)
弁護士又は弁護士であつた者は、
その職務上知り得た秘密を保持する権利を有し、義務を負う。
但し、法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

 

仮に、弁護士が正当な理由なく
守秘義務に反した場合、処罰されます。

 

一方、パラリーガルは
法律上は守秘義務が課せられていません。

 

しかしながら、たとえ法律によって
守秘義務が定められていなかったとしても、
パラリーガルは弁護士の職務の一部を担い、
弁護士を補助する以上、
当然秘密を守らなくてはなりません

 

万一、法律事務職員が
お客様の情報を漏えいしてしまった場合は、
雇用主である弁護士が懲戒処分を受けてしまいます。
また、弁護士事務所を信頼して
お話をしてくださったお客様や依頼者様に
多大なご迷惑をおかけしてしまいます。

 

パラリーガルは、
お客様のプライベートな情報に触れられる
位置にいることをしっかりと意識し、
家族や親しい友人であっても
情報を漏えいしないよう細心の注意をはらいましょう。

 

※参考:パラリーガルの仕事【訴訟記録(訴訟資料)の持出しについて】

※参考:法律事務所での仕事で裏紙の再利用はOK?

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

<無料説明会のご予約はこちらから>

関連するコラム

■ 講座日程 ■

インターメディエイト・パラリーガル

アドバンスド・パラリーガル

■ 講師 紹介 ■

■ 資料請求 ■

   

■ ブログ ■

Copyright© 2010 AG法律アカデミー|法律事務所に就職できるパラリーガル資格取得講座 All Rights Reserved.