法律事務所での仕事で裏紙の再利用はOK?

uragami

法律事務所では、紙を使用する機会が多いので、
ミスコピーなどが発生することも多々あります。

エコや経費削減といったの観点からは、再利用することが望ましいものの、
法律事務所においては、裏紙の再利用は控えたほうがよいでしょう。

なぜなら、法律事務所で扱う文書には、
依頼者の極めてプライベートな内容の情報も多々含まれており、
文章の内容によっては「守秘義務」との関係で問題があるからです。

参考:パラリーガルの仕事【法律事務職員の守秘義務について】

裏紙として用いたあと、そのままゴミ箱に捨ててしまうと、
情報が漏えいしてしまう危険性があります。

また、ファックスを送る際に、
表裏逆に送信
してしまうなどのミスも考えられます。

仮に裏紙にして差し支えない紙とそうではない紙を
区別するボックスを設けていたとしても、
誤って分別してしまう可能性はあります。

経費削減の面についても、
紙をホッチキス止めしてたりすると
プリンタの故障の原因になったりして、
余計に修理代がかかったりしてしまうことも考えられます。

そうすると、結局、メリットより
デメリットのほうが大きいと考えられますので、
裏紙はなるべくなら再利用しないほうがよいでしょう。

ただし、裏紙の再利用について
最終的な責任を負うのはあくまで雇用主である弁護士なので、
まずは弁護士の指示を仰ぐようにしましょう。

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>