パラリーガル(法律事務職員)の年末年始

newyear

 

皆さま、明けましておめでとうございます。

 

昨年はどのような一年をお過ごしになられたでしょうか。

 

実家で家族と過ごしたり、海外旅行に出かけたり、
AG法律アカデミーの修了生たちは、
それぞれ楽しい年末年始を過ごせたようです。

 

転職を考えてAGの無料相談に来られたときとは、
まるで別人のように晴れやかな声に私も一安心。

 

受講生や修了生の方々の幸せそうな姿を見ると、
このお仕事をしていて良かったと心から思います。

 

さて、年末年始のAGブログ第一弾。

 

せっかくですから、
パラリーガルの年末年始のお仕事について
書いていきたいと思います。

 

 

 

パラリーガルのお仕事は年末年始はお休み!

 

年末年始にお仕事があるかどうかは業種によって異なると思います。

 

飲食や小売りなどは、年末年始こそ稼ぎ時ということで、
基本的には年末年始はお休みがないことが多いでしょう。

 

パラリーガルはといいますと、基本的に年末年始は休んでいます

 

なぜか。

 

勤務先である法律事務所が開いていないからです。

 

では、法律事務所が年末年始に開いていないのはなぜでしょう?

 

答えは簡単です。

 

法律事務に関係ある裁判所や行政機関、
銀行などが年末年始に休んでいるからです。

 

書類を提出したり取りに行ったり、電話をかけたりしようにも、
先方がしっかりと正月休みをとっているため、
年末年始に法律事務を行おうとしても難しいのです。

 

従って、多くの法律事務所は年末年始は事務所を閉めて、
従業員であるパラリーガルにもお休みを取得してもらっています。

 

 

 

 

法律事務所の年末年始はいつからいつまで?

 

法律事務所のお休みは、基本的には
裁判所や行政機関の休みと同じ期間としていることが多いです。

 

そして、裁判所や行政機関の休みは、
ご存知の方も多いと思いますが、
12月29日~1月3日までとされています。

 

でも、その年によって違うのでは?
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
実は、これらの期間の休みは法律で決まっているため、
法律が変わらない限り休みは変わりません。

 

 

これらの法律の第1条1項第3号に、

 

十二月二十九日から翌年の一月三日までの日

 

と書かれており、裁判所や行政機関は
基本的にお仕事をしないとされています。

 

従って、パラリーガルのお仕事も12月29日~1月3日
までは基本的にはお休みと考えてよいでしょう。

 

 

 

その他のパラリーガルの仕事休み

 

法律事務所は、年末年始にかぎらず、
役所が休みのときは閉めているというところも少なくありません。

 

具体的には、先ほどの法律の第1条1項1号及び2号にある

 

 

がこれにあたります。

 

ただ、事務所によっては、
平日に仕事などで法律相談に来られない人のために
土曜日も開けているところもあるため、
求人に応募する前にしっかりとお休みを確認しておきましょう。

 

 

「公務員ばかり休んでずるい!」
近年ではそのような声が聞こえてくることも多いですが、
公務員が休みをしっかり取得することによって休みになる職種もあります。

 

パラリーガルはしっかりとお休みをとることができるので、
ワークライフバランスをしっかりとりたいという方にはオススメです。

 

今年も、ひとりでも多くの方が
理想のパラリーガルになれるために全力を尽くして参ります。

 

本年も、AG法律アカデミーをどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>