三十路の転職・再就職、これからが勝負です!焦らず、ゆっくり、たまには息抜きも。

 

私のところに相談にいらっしゃる方のなかには、
転職先が見つからず、藁にもすがる思いで
いらっしゃたという方が少なくありません。

 

「二十代のときは簡単に転職できたのに。
やっぱり三十路だからどこも雇ってくれないのでしょうか。」
年齢の壁を感じてかなり焦っている方も。
ただ、転職活動に携わっている私からしてみると、
30代なんてまだまだこれからで、
そこまで焦る必要は無いというのが本音です。

 

少なくともパラリーガル(法律事務職員)については、
新卒採用より中途採用のほうが圧倒的に多いです。

 

それどころか、20代前半より三十路のほうが重宝されます。

 

なぜなら、学生さんはまだ社会人としての
基本的なマナーを身につけていない人がほとんどですが、
社会に出たことのある方であれば、
ビジネスマナーの基本はできているからです。

 

法律事務職員は、専門用語など覚えることも多い分、
基本的なビジネスマナーの教育に割く時間は
必然的に少なくなってしまいます。

 

雇う側は、基本的なビジネスマナーを身につけた
ある程度社会経験を積んだ人を優先的に雇います

 

つまり、アラサーでも全く遅くないどころか、
アラサーだからこそチャンスがあると言えます。

 

そもそも、人の成長や成功の時機はそれぞれ

 

運や時代の流れによって左右されることも多いのは、
バブル世代と氷河期世代の違いを見ればよくわかります。

 

焦る必要はありません

 

ゆっくりと、あなたのペースで就職活動をしましょう。

 

転職活動がうまくいかないときは、
今はその時機ではない」と考えて、
ドライブをしたり、海を見たり、温泉に行ってみたり・・・
ときには気分転換をすることも大切です。

 

どうしても、どうしても転職活動がうまくいかず
何回受けても失敗ばかりというときは、
三十路を重宝してくれる業界を探してみてはいかがでしょうか。

 

パラリーガル(法律事務職員)だけではなく、
不動産業界、保険業界、まだまだあります。

 

自分のことを客観的に見てくれる
転職の専門家の手を借りてみるのも一つの手でしょう。

 

専門家の手を借りて転職活動をするだけで、
あれ?こんなに簡単でいの?あの苦労は一体・・・
というくらい転職がスムーズにいくこともあります。

 

実際、AG法律アカデミーの卒業生の方々も、
「こんなことならもっと早く頼れば良かった」旨
言ってくれることがとても多いです。

 

転職活動がうまくいかなくても、あまり思いつめないで、
ゆっくり、焦らず、肩の力を抜いて行きましょう 。

 

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>