圧迫面接は採用の兆し?

mennsetsu

|圧迫面接って何だろう?

圧迫面接とは、
面接官がわざと応募者に対して意地悪な質問をして、
応募者がそれに対してどう反応するかを観察する面接をいいます。

具体的には、

  • 腹の立つような質問をする
  • 威圧的な態度をとる
  • 応募者の答えを頭ごなしに否定する
  • 言葉尻を捉えて攻撃する
  • 人格を否定するようなことを言う
  • 答えられないのをわかっていて質問する

などの手法があげられます。

法律事務所の面接において人格を否定するほどの
圧迫面接がなされたという話はさほど聞きませんが、
時折この手法を用いる事務所もあるので注意が必要です。

 

|どうしてそんな意地悪をするの?

ほとんどの場合は応募者のストレス耐性を量るために行います。

仕事、特に接客業に従事していると、
理不尽な要求を突きつけてきたり、
厳しいクレームを受けたりすることも少なくありません。

そのようなときに、腹を立ててムスッとしたり、
拗ねて押し黙ったりするのではなく、
冷静に、しっかりと対処できるかどうかが試されているのです。

 

|圧迫面接は採用へのチャンス

圧迫面接が行われるのは、
たいていの場合は最終選考においてです。

面接官だって、自分の会社を選んでくれた応募者に対し、
好き好んで意地悪をしたいわけではありません。
採否を判断するにあたって必要だからこそやむを得ず行うのです。

そうすると、圧迫面接が行われる場合とは、
他の条件が基本的に採用の基準に達している場合であるといえます。

従って、圧迫面接がなされるということは、
それだけ採用に近いところまできているという証拠なのです。

 

|とにかく落ち着いて乗り切ろう!

圧迫面接がなされた場合、
まずはとにかく落ち着きましょう

この場合の最悪な対応は、
腹を立てて怒り散らすことです。

押し黙ったり、不快な顔をしたりもNGです。

物怖じせずに冷静に、
しっかりと自分の感情をコントロールして、
最後までしっかりと返答するように努めましょう。

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>