売り手市場?【パラリーガル(法律事務)の需要増加の理由はこれだ!】

 

┃司法制度改革に伴い増加する法曹人口

司法改革に伴って弁護士の数は年々増加し、
現在、日本における弁護士の数は36,415名にも達しています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
弁護士白書2015年版より抜粋)

弁護士が増加すれば、弁護士事務所も増加します。

そうすると、当然、弁護士をサポートすることを生業とする
パラリーガル(法律事務職員)の需要も高まっていくことが予想されます。

 

┃過当競争による受任件数の増加

弁護士の数が増えることで、事務所間(弁護士間)の競争は激化します。
競争が激しくなれば、通常、価格競争が起きますが、法律事務所業界も例外ではありません。

つまり、弁護士費用の額を下げざるを得ないということです。
そのような中で、それまでと同じ収益を上げようとするならば、
単純に考えて、受ける事件の数を増やす必要があります。

そうなると、これまで弁護士がやっていた様々な事務手続が、
時間的制約により、弁護士自身で処理することが困難な状況になってきます。

そこで、今、多くの法律事務所では、単なる一般事務のみならず、
各事件ごとの事務手続に関する知識を持った、パラリーガルが求められています。

 

┃知名度の高くないパラリーガルという職業

年々確実に需要が高まっているパラリーガルのお仕事ですが、
多少テレビドラマで見かけるようになったとはいえ、
まだまだ知名度は低いと思われます。

つまり、需要に供給が追い付いていない分野であるといえます。

 

┃パラリーガルの需要は今後も上がり続ける!

法曹人口の増加、弁護士事務所の乱立という状況は、
今後もまだまだ続くと予想されます。

そのような中で、少しでも早くパラリーガルになって
実務経験を積んでおけば、将来、急に転職の必要が生じたときでも安心ですね。
===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

 

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>