失敗ばかり、もうやめたいー就活に疲れたあなたへ。

2016-11-02

fox

「就職活動、もう疲れたよ。失敗ばかり。もうやりたくない。」

就活活動を続けていると、こんな気持ちになることもありますよね。

私も、就職氷河期時代の人間なので、
その気持は、とてもよくわかります。

 

そして、そのような環境に身をおいていると、
徐々に心の余裕まで無くなっていくんですよね。

そんなときは、ひとまず休みましょう

温かいハーブティーを淹れたり、
半身浴をしてみたり、好きな音楽を聴いたりしてください。

 

あとは、簡単なものでもいいので、
必ず毎日きちんと三食たべるようにしてください。

そして、夜はしっかりと眠ってください。
健全な魂は健康な肉体に宿るものです。

 

さて、就職活動に疲れたあなたに、
まず、一つ。

自分を責めないでください。

あなたの就職活動がうまくいかないのは、
決してあなたが悪いからではありません。

 

社会があなたを必要としていない訳でもありません。

あなたはしっかりと闘うための武器を持っていますが、
単にその使い方がわからないだけなのです。

あるいは、自分の武器が役に立つ場所を知らないだけなのです。

 

就活で失敗してしまうのは、
志望動機が曖昧であったり、自己PRがうまく書けなかったり、
そういった「技術上の問題」が原因となっていることの方が多いのです。

ほんの数回の試験や面接で、人間性までは見抜けません。
採用担当者は「自分の望む答えをくれる人か」程度の判断しかしていません。

その程度の判断により、不採用となったからといって、
自分を責めるのは馬鹿げたことです。
もう、自分を責めるのはやめにしましょう。

 

そして、2つ目。

ひとりで抱え込まないでください。

先ほども申し上げましたように、
採用担当者は「自分の望む答えをくれる人か
によって応募者の採否を判断しています。

 

これを反対からいうと、
採用担当者が望む答えを用意できる人
だけが採用されるということになるでしょう。

ただ、この「採用担当者が望む答え」というのがなかなか難しい。

なぜなら、相手が何を求めているかは
希望職種や会社の規模・方針等によって千差万別で、
その判断は、一般の人たちにはつきにくいからです。

 

相手が何を求めているかを判断してその通りの答えを返すことは、
極めて技術的で、修練によって得られた経験則を必要とします。

そうすると、それを見極めない限りは、
同じような履歴書、志望動機書をいくつも提出し、
何回も面接を受けたとしても、同じことの繰り返しです。

 

そういうときは、思い切って専門家に頼ってみましょう
専門家は、経験上、あなたの持っている武器の使い方を知っています。
あなたの武器が役に立つ場所も探すことができます。

実際、AG法律アカデミーの受講者の中にも、
自分ひとりで転職活動をしていたときは、数十件エントリーしても
一件も通らなかったけれど、私たちがほんの少しお手伝いしだけで、
内定が出たという方も多数いらっしゃいます。

 

もし、どうしても就活がうまくいかないという場合は、
どうか一人で抱え込まないで、その道のプロをうまく活用してください。

就活の時期なんて、長い人生のうちのほんの一コマにすぎません。

どうか思い詰めないで、周囲を頼りましょう。

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

<無料説明会のご予約はこちらから>

関連するコラム

■ 講座日程 ■

インターメディエイト・パラリーガル

アドバンスド・パラリーガル

■ 講師 紹介 ■

■ 資料請求 ■

   

■ ブログ ■

Copyright© 2010 AG法律アカデミー|法律事務所に就職できるパラリーガル資格取得講座 All Rights Reserved.