未婚・既婚や子供の有無、パラリーガルの就職・転職に影響する?

woman2

 

皆さまはもうご存知かもしれませんが、
事務系の仕事を目指される方は、
圧倒的に女性が多いです。

 

女性であれば、
結婚出産が就職活動に与える影響は
当然気になるところですよね。

 

そこで、今回は、
結婚や出産という女性のライフイベントが、
法律事務所への就職(転職)に
どう影響するかを一緒に見て参りましょう。

 

結論から言うと、
法律事務所への就職(転職)に、
未婚・既婚や子供の有無の別は、基本的には影響を及ぼしません

 

もちろん、子供が幼い場合などは、
預け先の確保が条件になったりすることはありますが、
そのことでもって、直ちに不採用となることはありません。

 

また、法律事務所という職場は、女性にとって働きやすい環境
用意されている所が比較的多いです。

 

※参考:パラリーガル(法律事務)はワークライフバランスのとれる仕事

 

そもそも、法律事務職員として
実際に働いている方の多くが女性です。

 

そうである以上、法律事務所側も当然、
結婚や出産というライフイベントが
生ずる可能性があることを前提に、採用を考えています。

 

結婚や出産の予定があっても、
面接でしっかりと「結婚・出産後も働き続ける」
と強く示すことができれば問題ありません。

 

※参考:「結婚や出産のご予定は?」の問いはこう乗り切ろう!

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>