法律事務所では「いつもお世話になっております。」を使わない?

 

一般企業においては、電話の際に、
「いつもお世話になっております。○○社の××と申します。」

 

などと「いつもお世話になっております。」という言葉が
決まり文句のように頻繁に使用されていることと思います。

 

しかしながら、法律事務所においては、
この当たり前に使われている言い回しが
電話の相手方との関係性によっては不自然になってしまうことも。

 

例えば、事件の依頼者の相手方あるいは相手方弁護士が
電話の相手であるような場合には、
お世話をする・しないの関係ではありません。

 

むしろ、依頼者と敵対する関係ですから、
このような場合に「お世話になっております。」
というのは違和感を覚えます。

 

このような場合は、
「お電話ありがとうございます。」や
「お忙しいところ誠に恐縮です。」など
当たり障りのない他の表現を用いることが多いです。

 

法律事務所では、相手との関係性によって表現や言い回しが異なってくるので、
日頃より「当たり前の表現」が適切かどうか
常に意識してお仕事をするように努めましょう。

 

※参照:法律事務所からの書類、「様」と「殿」どちらを使う?

 

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>