法律事務所に来客があったときの対応を確認しておこう

 

今回は、パラリーガルのお仕事の基本中の基本、
来客者の迎え方について一緒に見て参りましょう。

 

 

|作業を中断してまずは挨拶を

 

来客があった場合は、直ぐに立ち上がり、笑顔で明るく出迎えます。

例え作業の途中でも作業を中断して、挨拶をしましょう。

 

 

 

|取次ぎは確実に

 

次に、来客者の名前をしっかりと確認し、弁護士の先生に取り次ぎます。

取り次ぐ弁護士を絶対に間違えないよう気をつけましょう。

 

なお、日頃から依頼者の名前と顔、担当弁護士を
覚えておけばよりスムーズに取り次ぐことができます。

 

 

 

|周囲に配慮しながら応接室へご案内する

 

法律事務所にいらっしゃる方は、
センシティブな問題を抱えていることが多いです。

 

従って、来客者を応接室へご案内するときは
来客者同士が顔を合わせないように配慮しましょう。

 

応接室へご案内するときには、

「直ぐに担当の弁護士が参りますので、
こちらにお掛けになって少々お待ち下さい。」

一言添えて上座へご案内しましょう。

 

※参考:座る席には順位があります(上座と下座)

 

 

|お茶をお出しする

 

お茶をお出しするときのマナー等は、下記をご参照ください。

 

お客様へのお茶やコーヒーの出し方<準備編>

お客様へのお茶やコーヒーの出し方<運搬編>

お客様へのお茶やコーヒーの出し方<パラリーガル・スペシャリティー編>