男性もパラリーガル(法律事務職員)になれる?

man

┃パラリーガルの多くは女性

一般的に「事務職=女性の仕事」というイメージがあるため、
男性は、パラリーガルになりたいと思ってもあきらめてしまいがち。

実際、パラリーガルとして働いている方の多くは女性で、
しかも、採用されやすいのも女性です。

 

┃つぶしのきかない男性パラリーガル

一口にパラリーガルといっても、その仕事内容は、
専門的なものから、秘書や一般事務に至るまで多岐にわたります。

 

そして、この秘書や一般事務は圧倒的に女性の需要が高いのです。

 

したがって、女性の場合には、
専門的なパラリーガル業務の他にも、
秘書業務や一般日常業務など、活躍できる範囲が広いわけです。

これに対し、男性は、採用した後、
もし、専門的なパラリーガルスキルを身につけることができなかった場合、
他に任せられる仕事があまりないのです

このような理由から、一般的には、女性の方が採用されやすいといえます。

 

┃男性のほうが向いている仕事もある

「女性が採用されやすい」というのはあくまで一般論です。

法律事務所では、職務の内容によっては、
女性に向かない仕事も多数あります。

例えば、強圧的な債権者や依頼者への対応は、
女性のパラリーガルには向いていません。

主張しなければならないときに怯んでしまい、
怖がって発言できないというのでは話にならないからです。

その場合、やはり必要となるのは男性のパラリーガルです。

男性と女性とでは、求められるスキルや職務内容が異なっているだけで、
男性だからパラリーガルに向いていない、ということではありません。

※参考:どんな男性がパラリーガル(法律事務職員)に向いているの?

 

┃男性パラリーガルのメリット

男性パラリーガルに求められるスキルは高く、
それだけ仕事にやりがいがあります。

しかも、任せられる職務内容が重要なものが多いため、
年収も男性パラリーガルのほうが高い傾向にあります。

家族を支える必要がある男性にとって
収入が高いことはとてもうれしいことですよね。

男性も是非パラリーガルを目指してくださいね!
===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

 

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>