裁判所からの電話ってどんなときにかかってくるの?

telephone

 

法律事務所には、裁判所から
電話がかかってくることが少なくありません。

 

弁護士が直接対応することもありますが、
通常、パラリーガルが電話の対応をすることになります。

 

また、弁護士不在時などは、パラリーガルが用件を聞いて、
あとから弁護士に伝えなければならないことも。

 

ただ、いきなり裁判所から電話がかかってきたら、
慣れない人だとびっくりしてしまいますよね。

 

そこで、今回は、突然の裁判所からの電話にも
スムーズに対応できるように、
たとえばどんな電話がかかってくるのかを見て参りましょう。

 

 

|期日調整のための電話

事件番号を伝えられた後、
期日の候補日をいくつか言われます。

 

この場合は、
しっかりと復をしながらメモをとって、
弁護士に伝えるようにしましょう。

 

なお、その場で調整がつく場合もありますが、
弁護士は多忙なため、期日を決めかねる場合も。

 

そのような場合、期日が確定するまで
パラリーガルが対応しておくよう
弁護士に頼まれることもあります。

 

※参考:パラリーガルなら知っておきたい「事件番号」のこと

 

 

|期日が決定した旨の電話

期日が決定すると、裁判所から
期日が決定した旨の連絡が入ります。

 

日時、法廷、ファックス番号を確認し、
弁護士に伝えます。

 

なお、期日請書を送るように言われた場合は、
その後ファックスで送信します。

 

※参考:期日請書って何?パラリーガル実務(法律事務)

 

 

|調書、謄本等の受取りの電話

例えば、和解が成立した場合の和解調書の受取りなど、
書類を受け取りに来るよう連絡が入ります。


二度手間にならないように、職印や収入印紙など、
書類を受け取るために必要なものの確認
忘れずにしておきましょう。


この場合も、弁護士に報告をし、
弁護士の指示があれば裁判所に受け取りにいきます。

 

 

|書類の不備の知らせや追完依頼

提出した書類に不備があった場合や、
追完が必要な場合にも電話連絡が入ります。


この場合も、不備の内容をしっかりと弁護士に伝え、
弁護士に指示を仰ぎます。

 

 

 

受けた電話は、基本的にはすべて上司や弁護士に
しっかりと報告する必要があります。
報・連・相を徹底的に行うためにも、
きちんとメモをとり、間違いやすい数字等は復唱をし、
わからないことはわかるまで聞き返すようにしましょう。

 

苦手な人が多い電話対応ですが、
あらかじめどのような電話がかかってくるかを
知っておけば、そこまで焦らなくて済むので、
ある程度事前に勉強しておくのもいいかもしれません。

 

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>