電子メールの「開封確認」は失礼に当たる?

 

|「開封確認」って何?

 

あまり知られてはいませんが、
電子メールには「開封確認」という機能があります。

 

例えば、Outlookの場合、

 

このように「開封確認」欄にチェックを入れます。

 

すると、受信者が電子メールを開いたときに、

 

 

このようなポップが出現します。

 

受信者が「はい(Y)」をクリックすると、

 

 

発信者にこのようなメールが送られます。

 

 

 

|「開封確認」のメリット・デメリット

 

「開封確認」機能は、自分の送ったメールを
相手方が読んだかどうか確認できる点で便利です。

 

しかし、LINEの既読機能と同様、
「開封確認」機能には、下記のようなデメリットもあります。

 

  • 相手方が「自分は信用されていない」と感じてしまう
  • すぐ読まなければならないという心理的負担を与えてしまう
  • すぐ返信しなければならないという心理的負担を与えてしまう
  • 監視されているような居心地の悪さを感じさせてしまう

 

ビジネスの場では、優先順位を決めて仕事を進めることも多く、
どうしてもメールの返信が後回しに
なってしまうということも少なくありません。

 

そうであるにもかかわらず「開封確認」を要求してしまうと、
相手方の仕事のペースを乱してしまうことにもなりかねません。

 

従って、ビジネスの場では、「開封確認」機能は
なるべく使用しないのがマナーといえるでしょう。

 

 

 

|どうしても読んだかどうか確認したい場合は?

 

「それでも、どうしても相手方が電子メールを読んだか
確認しておきたいという場合もあるのでは?」

 

そう思われた方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、そもそも、メールを読んだかどうかどうしても
確認しておきたいというような特に重要な案件は、
電子メールでやりとりするのに向いていません

 

そのような案件は、電子メールではなく電話で伝える方が確実です。

 

どうしても電子メールで送らなくてはならないときも、
開封確認機能を用いるのではなく、
以下の方法によって相手が開封したか確認するのが良いでしょう。

 

 

相手方に返信を要求する方法

 

「お忙しいところ誠に恐縮ですが、
お読みいたいた場合は、その旨ご一報いただけると幸いです。
※こちらのメールアドレスにご返信頂く方法にてお願い致します。」

などとメールに記載する方法です。

 

 

電話を併用する方法

 

電子メールを送るのに加えて、相手方に電話をかけて、
届いているかどうかを確認する方法です。

 

 

再度メールを送る方法

 

相手から返信がなく、不安なときは、

 

「○○様の電子メールの設定により、
お送りしたメールが、迷惑メールとして
振り分けられているかもしれないと考え、
再度メールを送らせて頂くことに致しました。
再度の送信をどうぞご容赦くださいませ。」

 

と、迷惑メールに振り分けられたかもしれないということを
匂わせつつ、再度メールを送信する方法です。

 

 

「開封確認」機能はあくまで発信者にとって便利な機能であって、
受信者にとっては負担を与えられるだけということを自覚し、
なるべく使用しないよう気をつけましょう。

 

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>