電話のスムーズな取次ぎもパラリーガルのお仕事です

 

法律事務所にかかってくる電話には、
基本的にはパラリーガルがはじめに対応します。

 

電話に出るタイミングについては、
基本的なビジネスマナー【電話に出るタイミングについて】
というコラムに書いたのでこちらをご参照ください。

 

電話の相手が誰かを指定したときは、
すみやかに名指し人に取り次ぎましょう。

 

もっとも、弁護士の先生は基本的に常に多くの案件を抱えているため、
ただちに電話にでることができないことも少なくありません。

 

そのような場合には、
弁護士の先生が今は取り込み中である旨を丁寧にお伝えし、
電話の相手方がどうしたいかを訊ねましょう

 

相手方が折返しの電話はいらないというような場合でも、
お名前やご連絡先等をお聞きし、
電話メモにしっかり書き残しておきましょう。

 

※参考:効率よく法律事務を行おう【電話対応のコツ】

 

なお、法律事務所には、裁判所から電話がかかって来ることも多いです。

 

慌てず対応するためにも、あらかじめ準備しておくように努めましょう。

 

※参考:裁判所からの電話ってどんなときにかかってくるの?