面接で緊張してしまったときの対処法

kinnchou

就職活動において、面接は避けては通れません。

したがって、事前にしっかりと
面接対策をしておく必要があります。

しかし、どんなにしっかりと対策をしても、
やはり本番は、とても緊張してしまいますよね。

あまりに緊張して、練習してきたことの半分も
実力を出せなかった、ということも少なくありません。

そこで、今回は、面接で緊張しないためには
どうしたらよいのかを一緒に見ていきましょう。

 

|緊張して当たり前!

そもそも面接で全く緊張しない人などいません。
皆、多かれ少なかれ緊張しています

会場に入ると、周りがとても賢く見えたり、
余裕があるように見えたりすることがありますが、
それは気のせいです。

あなたが緊張しているからそう見えてしまうのです。

「緊張しているのは、自分だけではない。」
そう思うだけでも、気持ちが少し軽くなります。

 

|緊張は悪いことばかりではない

話せないくらい緊張してしまうのは問題ですが、
適度の緊張は、むしろ良い結果につながります。

なぜなら、まったく緊張しなかった場合は、
気の緩みから、おしゃべりになったり
だらしなくなったりしてしまうからです。

そういう意味では、面接では
適度に緊張することも必要であるといえます。

緊張した場合、良い傾向にあると思うようにしましょう。

 

|想定内の緊張がやってきた!

面接は緊張して当たり前。

事前に面接対策をする際に、
どの程度自分が緊張するか予想しておきましょう。

そして、実際に会場で緊張したときには
想定内の緊張がやってきた!」と
思うようにしましょう。

あらかじめある程度想定しておくことで、
これも織り込み済みだと感じられ、
突然の緊張にもパニックを起こさずにすみます。

 

|深呼吸をする

ありきたりではありますが、
深呼吸をすると脳に酸素が行き渡るため、
多少のリラックス効果があると言われています。

 

|とにかく目の前のことに集中する

緊張したとしても、
目の前のことに集中すれば問題ありません。

自分の行動一つ一つや、
面接官の質問にひたすら集中しましょう。

周りを気にする必要はありません。

今自分が何をすべきかを考え、
そのことだけに集中さえすれば問題ありません。

 

|練習をして経験を積む

何度か場数を踏めば、
それだけ自信につながるので、
緊張も多少は和らぎます。

AG法律アカデミーでも、面接対策として、
法律事務所の面接に特化した、
模擬面接
の機会を提供しています。

少しでも多く面接の練習をすることは、
緊張を和らげるのに、最も効果的です。

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>