面接の基本【見た目・しぐさ・話し方に気を付けよう!】

woman2

面接に臨む際に
立派な志望動機や自己PRなどを準備しているのに
毎回落とされてしまうというような場合、
それはもしかすると話している「内容」とは
別のところに問題があるのかもしれません。

 

確かに、もちろん「内容」も大切です。
しかし、話す内容は決定打にはならなことがほとんどです。

それよりも、

  • 見た目
  • しぐさ
  • 話し方

をはじめとする「全体的な雰囲気」のほうがよっぽど大切です。

というのも、人の印象は基本的に第一印象で決まります

 

「メラビアンの法則」というものをご存知ですか?
とても有名な法則です。
面接のとき、あなたは、「この法律事務所に入りたい!」
という気持ちから、その思い(好意)を面接官に伝えますよね。
このとき、あなたが発するメッセージの中で、
視覚情報・聴覚情報・言語情報といった、
コミュニケーションの三要素に矛盾がある場合には、
【視覚情報】が最も重要視されるというものです。

具体的には、視覚情報が55%、聴覚情報が38%、言語情報7% です。

 

つまり、面接でどんなに良いことや立派なことを言っても、
声のトーンや見た目(雰囲気)から、それが伝わらない場合(話の内容と矛盾する場合)、
圧倒的に見た目で判断されてしまうということです。

あなたという人物が評価される際、
あなたが一生懸命に話したその内容が、
評価に影響するのは、たったの7%です。

 

また、「立派なことを言おう」、「練習した通りに答えよう」と
内容にばかりに気を取られ過ぎると、
面接官が聞いていることにしっかり答える、つまり、
「問に対して真正面から応える」という
面接の基礎中の基礎が疎かになってしまいます。

結果的に、
「コミュニケーションがとれない人」
「質問の趣旨を掴めない人」
「端的に答えられない人」
という評価にり、不採用となってしまう可能性が高くなります。

 

したがって、これから面接に臨むという方は、
話す内容がある程度整理できたら、
見た目・しぐさ・話し方をはじめとする
相手に与える印象(雰囲気)に気を付けるように努めましょう

 

具体的には、

  • 清潔感のあるTPOに応じた服装・髪形・メイクか
  • 背筋をピンと伸ばしているか
  • 手や足をぶらぶらさせていないか
  • キョロキョロと挙動不審な動きをしていないか
  • 知的で落ち着いた話し方をしているか
  • 会話中に笑顔は出ているか
  • ビジネスライクな答え方をしているか
    (参考:面接の基本ー受答えは1回答20秒!
  • 挨拶や感謝の言葉をハキハキと進んで述べているか

少なくともこれらの項目は常に意識して面接に臨みましょう!

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>