パラリーガルの仕事【訴訟記録(訴訟資料)の持出しについて】

syuhi2

|資料の持出しや通勤中の閲覧は原則禁止

一般企業の場合は、
終わらなかった仕事を家に持ち帰って片づけたり、
通勤時間に資料を読んだりすることも多いと思います。

しかし、法律事務職員の場合は、
資料を持ち出すリスクがかなり高いので、
極力控える方がよいでしょう。

訴訟記録はひとつしか存在しないものがほとんどですし、
法律事務所で扱う資料には、
依頼者のプライバシーにかかわる情報が含まれていることも多く、
紛失してしまったりすると大問題になるからです。

また、多数の人が乗り合わせる電車内で資料を閲覧した場合、
第三者の目に触れる可能性もあります。

 

|やむなく持ち出すときは必要最小限に

翌朝裁判所に直行する場合などには、
訴訟資料を持ち帰る必要があります。
その場合にも、提出予定の書面だけを持ち帰ったり、
あらかじめコピーをとっておくなど、
紛失したときのリスクを最小限に抑えるよう努めましょう。

 

|どうしても外で閲覧したい場合は裁判所や弁護士会で

外で記録を閲覧する必要がある場合は、
裁判所の弁護士控室や弁護士会など
秘密が守られるような場所で閲覧するようにしましょう。

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>


The following two tabs change content below.

パラリ部

2010年よりパラリーガル資格やパラリーガル実務に関することの他,法律事務所への就職情報などを配信しているパラリーガル(法律事務)専門のWebメディア。 パラリーガル育成の専門スクールが,信頼性と質の高い情報をお届けします。