パラリーガルへの転職を成功させるポイントとおすすめの転職サイトも解説

カジュアル

特別な資格が不要ながら法律の知識を活かして働ける「パラリーガル」は、近年認知度が高まっている職種のひとつです。優秀なパラリーガルの需要は高く、将来性にも期待できるため、法律分野に興味のある方にはおすすめの職種といえます。

パラリーガルへの転職を考えている人は、パラリーガルの魅力や大変なところ、求められるスキルや経験などを知っておきましょう。

このコラムではすでにパラリーガルとして活躍している人はもちろん、未経験からパラリーガルに転職したい人も含め、パラリーガルの転職に役立つ情報を提供します。

転職活動の方法やおすすめの転職支援サービスも確認しましょう。

そもそもパラリーガルとは|業務内容や働き方

パラリーガル認定資格

最初に、パラリーガルとはどんな職業なのかを解説します。

アメリカで生まれた職業

パラリーガルという職業の発祥の地はアメリカです。訴訟社会のアメリカではパラリーガルは弁護士と対等に仕事をする存在であり、社会的地位も高い職業です。大学や専門学校などパラリーガルを養成する施設が多くあり、専門的な教育を受けた人が就く公的な職業として認知されています。

日本におけるパラリーガルの存在

日本におけるパラリーガルは、法律事務所で働く「弁護士の補助者」という位置づけです。アメリカのように公的な職業として確立されていないうえにアシスタント的な立場としての側面が大きく、社会的な認知度もそれほど高くありません。

しかし弁護士が本来業務に集中するためには、法律の知識があり事務手続きをサポートしてくれるパラリーガルの存在が不可欠です。優秀なパラリーガルは弁護士の右腕となり頼りにされながら活躍しています。近年では少しずつではありますが、専門性の高い事務職として注目を集めるようになってきました。

パラリーガルの業務内容

パラリーガルの業務内容は次のようなものがあります。

  • ・判例や法令の検索・調査、文献などの資料探し
  • ・訴状や契約書、その他裁判所へ提出する書類の作成
  • ・契約書の翻訳
  • ・クライアントへのヒアリング
  • ・弁護士とクライアントの打ち合わせの日程調整 など

また、パラリーガルと弁護士秘書・事務職を明確に区別していないケースでは、弁護士のスケジュール管理や来客対応など秘書や事務員としての業務も発生します。

パラリーガルの働き方

パラリーガルを名乗るためには基本的に法律事務所で働く必要があります。法律の知識を活かして働くという意味では企業の法務部でも活躍できますが、その場合は法務部員であってパラリーガルとは呼ばないのが一般的です。

ただ、日本でもパラリーガルの定義が少しずつ変化しており、企業の法務部で弁護士のサポートをする人をパラリーガルと呼ぶケースも出てきました。

雇用形態は正社員・派遣社員・アルバイトなどさまざまな働き方があります。フルタイムでバリバリ働くなら正社員、家庭の事情や司法試験の勉強等を考慮しながら自分のペースで働くために派遣やアルバイトを選ぶ方もいます。

【関連記事】パラリーガルとは?元弁護士が専門家視点でパラリーガルの仕事内容・給料・将来性を徹底解説

パラリーガルの需要や転職によるキャリアパス

パラリーガル求人の傾向 資格

パラリーガルの現在の需要や将来性、キャリアパスについて見ていきましょう。

パラリーガルが必要とされている理由

司法制度改革によって弁護士人口が増加し、法律事務所に就職できずに司法修習が終わった後に独立する弁護士が増えました。そのような若手の弁護士にとって手続きの実務がわかるパラリーガルは頼りになる存在です。

また広告の解禁や報酬規定制度の廃止などにより弁護士市場の競争が激化したことで、法律事務所はこれまでよりリーズナブルな価格で質の高いリーガルサービスの提供を求められるようになりました。

そのため高度な専門知識を持ちながら弁護士をサポートするパラリーガルの存在が重要になっています。

パラリーガルの将来性

日本社会では市民の権利意識の高まりや裁判員裁判の導入などにより、司法制度が身近な存在になりつつあります。近い将来はアメリカのような訴訟社会になってもおかしくないでしょう。

また企業でもコンプライアンス重視の傾向からインハウスローヤーが増加し、企業内でもパラリーガルを求める声が高まっています。

このような背景から、より高い専門性を持つパラリーガルは将来的な需要にも期待できる職種といえます。

パラリーガルのキャリアパス

パラリーガルはまず、勤務する法律事務所で業務経験を積むところがスタートです。担当の弁護士から信頼を得ることで任される業務も増えていくでしょう。その後はさまざまなキャリアパスが考えられます。

事務部門のリーダー・部門長になる

中規模以上の法律事務所では事務部門のリーダー・部門長を設けているケースがあります。

担当業務が増え、経験年数を積むとほかの事務スタッフを指導、マネジメントする立場になることができます。責任が増える分やりがいも大きく、給与や待遇面でもレベルアップできる可能性があります。

司法試験やほかの士業の合格を目指す

パラリーガルとして働きながら司法試験に合格し、最終的に弁護士を目指す人もいます。弁護士になった際にはパラリーガルとしての実務経験が活かせるでしょう。

司法試験以外には、司法書士や行政書士、社労士など隣接士業の資格を取得するための準備としてパラリーガルになる人もいます。隣接士業に合格すると、より専門性の高いパラリーガルとして重宝される可能性があるほか、士業として独立することもできます。

大手企業の法務部へ転職する

パラリーガルとしての経験は企業の法務部で活かすことができます。特に企業法務を扱う法律事務所での経験があれば法務部で重宝される可能性が高いです。

法律の知識のほかに、コミュニケーション能力や語学力なども活かすことができます。法務部があるのは大手や上場企業が多いため、年収や待遇の向上にも期待できるでしょう。

ほかの法律事務所へ転職する

今の法律事務所からほかの法律事務所へ転職し、キャリアアップを図る方法もあります。たとえば中規模の法律事務所から大手法律事務所へ転職すれば、規模が大きく最先端の企業法務をサポートするなど貴重な経験を積める可能性があります。

その後企業の法務へ転職したいと思ったときにも、大手法律事務所での経験はアピールできるでしょう。

また中規模の法律事務所への転職でも、特定の分野を扱っている法律事務所でより専門性を高め、ほかのパラリーガルにはない強みを得ることができます。

 

パラリーガルの仕事の魅力|転職した場合のメリット

パラリーガルの勉強に役立つ講座

パラリーガルという職業の魅力はどんなところにあるのでしょうか?

法律問題に直面している人をサポートできる

パラリーガルの大きな魅力は、法律問題で困っている人をサポートできることです。弁護士のように直接の法律相談に乗ることはできませんが、依頼者の相談内容をヒアリングしたり、重要な手続きをサポートしたりするのはパラリーガルの仕事です。

問題がよい方向で解決した際には感謝の気持ちを伝えてもらうことも多く、大きなやりがいを感じる瞬間です。

 

弁護士の近くで法律の専門性を磨ける

法律の専門家である弁護士の近くで業務をサポートすることで、専門性や教養を深めることができます。弁護士と一緒に働けるのは法律事務所で働くパラリーガルならではの魅力です。

汎用性の高いスキルが身につく

書類の作成や裁判所・官庁への手続きなどの事務処理スキルは、どの法律事務所でも通用します。裁判所へ提出する書類の書式は統一されており、パラリーガルの業務内容は基本的に共通している部分が大きいからです。

また弁護士や依頼者とのコミュニケーションや翻訳に必要な語学力など、汎用性の高いスキルが磨かれる職種でもあります。

これらのスキルはほかの法律事務所でパラリーガルとして働く場合はもちろん、ほかの多くの職種にも通じるスキルなので、今後のキャリアを形成するうえで大きな武器になります。

女性も多く活躍している職業

法曹界の職業は男性が多いため女性には少し敬遠されがちですが、パラリーガルは女性も多数活躍しています。性別によって業務内容やキャリアが制限されることはないため、長く働ける環境を求める女性にとって魅力的です。

ワークライフバランスが取りやすい事務所も多い

担当弁護士や案件の内容にもよりますが、パラリーガルは残業が少なめ・休暇を取得しやすいなど、比較的ワークライフバランスが取りやすい職種です。昨今は大手を中心に、優秀なスタッフを確保するために労働環境を整えている法律事務所が増えています。

家事・育児や介護と仕事を両立したい、心身の健康を保ちながら自立した生活を送りたいといった方に向いています。

 

パラリーガルの大変なところ|仕事上の辛いとろこは?

法律事務所 求人 探し方

パラリーガルは魅力的な職業ですが、実際には大変なところも多くあります。転職する前にしっかり把握しておき、それでもパラリーガルに転職したいのかを自問自答しておきましょう。

弁護士の人柄に職場の雰囲気が左右される

パラリーガルの仕事の進め方や職場の雰囲気は、よくも悪くも弁護士の人柄に左右されます。そのため相性のよい弁護士を担当する場合は仕事が円滑に進みやすいですが、相性が悪い弁護士が相手だと苦労が絶えない場合があります。

業務量が多く幅も広い

パラリーガルの業務は法律事務の補助ですが、厳密にパラリーガルと弁護士秘書・事務職を区別していない法律事務所も多いため、その業務は多岐にわたります。中には雑用と思える仕事も含めてすべてをパラリーガルに任せられ、業務量が膨大になるケースがあります。

また個人向け案件を扱う法律事務所では債権処理や交通事故など案件数が多く、パラリーガルがひとりでいくつもの案件を抱えるケースが少なくありません。

深刻な悩みを抱えるクライアントが多い

法律事務所に相談に来る依頼者は、自分では解決できない深刻な法律問題を抱えています。精神的に参ってしまっているケースも多く、神経質になって泣いたり声を荒げたりする方もいます。

パラリーガルは依頼者と直接接する機会も多いので、依頼者の気持ちに配慮した言動が求められます。

相手の気持ちに寄り添う優しさが必要ですが、相手に感情移入しすぎると業務に支障をきたします。精神のバランスを保つ必要があるという意味で大変な仕事だといえるでしょう。

法律の知識を覚える必要がある

パラリーガルは弁護士ではないとはいえ、前提として法律の知識が必要な専門職です。法改正や所属事務所が扱う案件の変化にも対応する必要があるため、日々勉強しなければなりません。

一度覚えた知識がずっと使えるわけではないため知識をブラッシュアップしていく必要があり、大変な部分です。

弁護士の守秘義務に注意を払う必要がある

パラリーガルは資格職ではないので、パラリーガル自身に弁護士のような法令上の守秘義務が求められているわけではありません。しかし弁護士の補助者として案件に関わる以上、当然にクライアントの秘密を守る義務はあると考えられます。

そうでなければ上司である弁護士が懲戒処分を受けるなどして弁護士や勤務する法律事務所に多大な迷惑をかけますし、クライアントにも大きな不利益を与えるでしょう。責任の重い仕事です。

パラリーガルの平均年収は373万円|法律事務所の福利厚生は充実してる?

法律事務所 求人 探し方

パラリーガルの給与や福利厚生、年収アップの可能性について解説します。

パラリーガルの平均年収

パラリーガルの平均年収は業務内容や経験年数などによって変わりますが、平均は373万円です。各種調査によればサラリーマンの平均年収は400万円台前半が相場なので、パラリーガルの年収は平均的かやや低い水準といえます。
参考:パラリーガルの平均年収は373万円|中央値や年齢別比較・年収UPの方法も解説

専門性は高いが給与に反映されにくい職種

パラリーガルは大枠では事務職に含まれますが、法律の知識や複雑な事務手続きのスキルが必要な専門性の高い職種です。しかし実際にはパラリーガルの年収は一般事務と大差なく、その専門性は給与に反映されていないのが現状です。

パラリーガルの年収が高くないのは、「弁護士ファースト」の風潮に加え、業界内の過当競争も影響しています。法律事務所自体の収入が上がりにくい状況なので、なかなか昇給に結びつきません。

福利厚生はあまり期待できない

法律事務所は一般企業と比べて福利厚生には期待できません。法律事務所の求人を見ると、しばしば福利厚生の充実をうたいながら社会保険完備だけというケースもあります。

社会保険完備は正直当たり前なので、一般に期待される福利厚生(各種手当、退職金等)はあまり期待できないと考えておくべきでしょう。

専門性を磨きながら転職すれば年収アップが可能

パラリーガルの年収は業務内容の割に高いとはいえない水準です。しかし、より希少価値の高い専門スキルを身につけながら転職していくことで、年収を上げることは可能です。

今の法律事務所内で年収アップを狙うよりも、スキルアップと転職を通じて年収を上げていくのが基本的な考え方になります。

中小→大手法律事務所への転職も年収が上がりやすい

パラリーガルの年収は勤務する法律事務所の規模によって差があります。

  • 中小規模の法律事務所であれば270万~350万円ほど
  • 大手法律事務所であれば400万~450万円ほど

が相場です。

そのため中小規模の法律事務所から大手へ転職することで年収アップを実現することができます。

中小と大手では業務内容や取り扱い案件が変わってきますが、パラリーガルとしての業務の幅を広げることができ、スキルアップにもつながります。年収だけでなくスキルアップを目指す人にとっても大手への転職は選択肢になるでしょう。

 

パラリーガルの転職で求められるスキル

パラリーガル_向いている

パラリーガルに転職するためにはどんなスキルが必要なのでしょうか?

パラリーガルへの転職に資格は必要か

初めてパラリーガルに転職する方にとって気になるのは資格の有無でしょう。パラリーガルの転職に資格は必要なのでしょうか。

資格がなくてもチャレンジできる仕事

パラリーガルは弁護士のように国家資格がないとできない仕事ではありません。国内の認定資格はありますが、認定資格がなくてもパラリーガルになることができます。

法律系資格があると有利

ただし、ほかの応募者との競争という意味では法律系資格があると有利にはたらく可能性があります。司法書士や行政書士、社会保険労務士などの隣接資格があると法律の素養がある証明となり、業務の面でも専門性を活かして弁護士をバックアップできるでしょう。

パソコンスキル

書類作成業務でパソコンを使うためパソコンスキルは必須です。特にワードやエクセルなどのオフィス製品の操作スキルは大前提として求められます。MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)などパソコンスキルの証明となる資格は取得しておいて損はありません。

コミュニケーションスキル

パラリーガルは弁護士の指示を速やかに理解して業務に活かしたり、クライアントと弁護士の間の調整をしたりと、コミュニケーションスキルが必要な仕事です。ほかの事務スタッフと協力し合える協調性も求められます。コミュニケーションスキルを応募要件に掲げる求人も多いです。

リサーチスキル

パラリーガルのメイン業務のひとつに判例や文献の検索や調査があります。データベースから検索する場合や、一日中図書館にこもって資料を探すこともあります。リサーチというと誰にでもできそうに思えるかもしれませんが、リサーチの知識や経験がないと難しい業務でもあります。

高いレベルのビジネスマナー

パラリーガルはクライアントと接する機会や裁判所や官庁などの公的な場所へ出向く機会が多いため、高いレベルのビジネスマナーが求められます。

ビジネスマナーが備わっていないパラリーガルがクライアントに対応すると弁護士や法律事務所に対する信用が下がってしまうため重要なスキルです。

海外案件を扱う法律事務所なら語学力

基本的に語学力がなくてもパラリーガルへの転職が可能ですが、特定の分野を扱う法律事務所では語学力が求められます。たとえば国内外の企業に関するM&A等の渉外業務や知的財産などの案件を扱う法律事務所などがこれに該当します。

また大手企業の法務を扱う法律事務所でも海外案件を扱うケースが多いため語学力が必要です。

 

パラリーガルの転職でアピールできる経験や素養

スーツ_インナー

パラリーガルの転職ではどんな経験・素養をアピールできるのでしょうか?

法律事務所での業務経験

法律事務所での業務経験があると転職に際してかなり有利にはたらきます。パラリーガルの求人を見ると、特に業務経験に関する指定が多いので、ご自身の経験をよく整理しておきましょう。応募書類や面接でどんな業務経験があるのかを的確にアピールすれば採用に近づきます。

事務職としての経験(3年以上)

法律事務所での勤務経験がない場合でも、事務職としての経験があると評価される可能性が高まります。パラリーガルの教育体制は整備されていない法律事務所が多いためゼロから育てるという環境はなく、少なくとも3年以上の経験が必要です。

一般事務よりも即戦力性が高い管理部門の事務職(法務・人事・経理)などの経験のほうがアピールできる可能性があります。

忍耐強いこと

パラリーガルの業務は一日中デスクに向かって案件を処理する、何十ページもの文書の翻訳にあたるなど地道な作業の連続です。何事にもコツコツと取り組む忍耐強さや集中力があればアピールできるでしょう。

勉強熱心で向上心があること

パラリーガルは継続的な勉強が必要な職種なので、勉強熱心な方が好まれます。資格や学歴(法学部や法科大学院出身等)がなくても、現在どんな勉強をしているのかを伝えると向上心があることをアピールできます。

細やかな気配りができること

深刻な悩みを抱えるクライアントに細やかな気配りができるパラリーガルは重宝されます。応募書類や面接では、これまで周囲の人に対して気配りをした具体的なエピソードを伝えるとともに、面接での言動も気をつけましょう。

パラリーガルへの転職は何歳までが有利?年齢制限は?

一般に転職では「35歳の壁」があると言われる場合がありますが、パラリーガルの転職で年齢は関係あるのでしょうか?パラリーガルの転職と年齢について解説します。

年齢制限はない

パラリーガルの転職に年齢制限はありません。年齢そのものよりも、常にアンテナを張り勉強をし続けられる姿勢があることが大切です。法改正は頻繁に行われますし、社会の流れに応じて扱う案件も変わってきます。そうした変化に対応するという姿勢が求められます。

年齢が高くても勉強熱心で知識をブラッシュアップできる人であれば問題ないですし、反対に年齢が低くても継続的に勉強したくないというタイプの人は活躍できないでしょう。

転職活動を有利に進めるには30代がひとつの目安

明確な年齢制限はないものの、転職に際して有利にはたらくのは30代が目安です。30代までが目安となるのは、できるだけ長く働いてもらいたいという法律事務所側の意図と、弁護士やほかの事務スタッフとのバランスを考慮するケースが多いからです。

弁護士よりも年齢が高いとやりにくいと感じる弁護士や、ほかの事務スタッフとの上下関係のバランスから年齢制限を設定している法律事務所もあるので応募の際に確認が必要です。

経験があれば40代以降の転職も十分可能

40代以降の転職はやや不利になりますが、40代以降で転職できないわけではありません。パラリーガルは専門性が高い事務職なので40代・50代の人でも活躍している人が多くおり、経験豊富なパラリーガルはどこの法律事務所でも引く手あまたです。

もっとも、未経験で40代以降の転職は教育の難しさや長期の就労が可能かどうかの面などから厳しくなるでしょう。

幅広い年代の人が活躍している事務所を選ぶ

転職の際の年齢に不安がある方は、幅広い年代の人が活躍している法律事務所を選ぶことで採用のハードルを下げることができます。たとえば20代のパラリーガルが多い事務所に40代の方が応募しても、教育や上下関係のバランスから敬遠される可能性があります。

一方、さまざまな年代のパラリーガルが活躍している事務所であれば年齢よりも経験や素養を重視して採用される可能性が高いため、内定の確率が上がるでしょう。

 

未経験でもパラリーガルに転職はできる?

未経験でパラリーガルへの転職を目指す方に向けて、転職の可能性や採用の確率を上げるための方法をお伝えします。

未経験でも採用される可能性はある

パラリーガルの転職では即戦力になることを考えると、経験者が有利なのは間違いありません。しかしパラリーガルは実地での経験を通じて仕事を覚えていくことができるので、未経験でも十分にチャンスがあります。

実際に法律事務所の求人を見ると「未経験可」「未経験者歓迎」をうたう求人が存在します。

また、ほかの法律事務所のやり方や考え方が浸透していないスタッフを好む弁護士もいるので、むしろ未経験がプラスにはたらく場合もあります。

なぜパラリーガルになりたいのかが重要

未経験の場合、採用担当者はなぜパラリーガルになりたいのかが気になります。パラリーガルは大変な仕事なので、単純な憧れや安易な気持ちであれば続けられない可能性が高いからです。

「法律問題で困っている人の助けになりたいと思った」「人のサポートをすることが向いていると感じた」などの具体的エピソードを交えて、パラリーガルになりたい気持ちを伝えることが大切です。

必ずしも法学部や法科大学院出身である必要はない

未経験であっても、大学の法学部や法科大学院出身であれば法律の素養があるという点で有利にはたらく可能性があります。応募条件として法学部または法科大学院を掲げている求人も存在します。

しかし書類作成や手続きなど経験を通じて仕事を身に付けられる職種なので必ずしも学歴は求められません。学歴条件のない求人も多いので諦める必要はありません。

ただし、法律に興味関心があることが大前提

もっとも、入所してから覚えなければならないことが多いので、法律への興味関心がゼロであれば難しいでしょう。法律は難解で複雑なので興味がなければ苦痛に感じてしまうはずです。

事務処理能力が必須

パラリーガルは未経験でも、正確かつスピーディーに事務処理をする能力は必須です。パソコン操作や書類作成などの事務処理経験があればアピールできます。反対に、法律事務所が未経験で、さらに事務経験もない場合は内定を得るのは難しくなります。

派遣やアルバイトから始めるのも方法

未経験の場合は採用側の考えとして、どこまで戦力になるのかが未知数なので正社員としての採用を躊躇しがちです。正社員での転職が難しいなら派遣やアルバイトなどから始めてみてもよいでしょう。上司から頑張りが認められれば正社員になれる可能性があります。

ただし転職の際には、応募先の仕組みとして正社員へのステップアップが可能かどうか事前に確認しておいてください。

職種名にかかわらずまずは法律事務所で働くことが大切

法律事務所ではパラリーガルと明記して募集をかけている場合と、弁護士秘書や事務職員などの職種名で募集をかけている場合があります。未経験の場合はパラリーガルにこだわらず、とにかく法律事務所で働くことを目標にするのがよいでしょう。

法律事務所の雰囲気に慣れて、事務処理も問題なくこなせるなら、パラリーガルとしての素質があるとして業務の幅が広がる可能性があります。

 

パラリーガルが転職先の法律事務所を選ぶ際のポイント

パラリーガルとしての転職先は基本的に法律事務所です。法律事務所を選ぶ際のポイントや注意点を解説します。

どんな業務を担当したいのかを整理しておく

給与や待遇など条件面のみを見て転職活動を進めると、自分がやりたい業務と法律事務所側がやってほしい業務との間にミスマッチが生じ、転職後の不満につながります。

パラリーガルは仕事の大変さの割に給与が高くないため、業務内容に対する満足感ややりがいは重要なポイントです。

そのため自分の希望として、パラリーガルとしての業務を中心にやりたいのか、秘書を含めて幅広い業務経験を積みたいのかを整理しておきましょう。転職の際には募集要項や面接などで基本の業務内容をよく確認しておくと業務面でのミスマッチが生じにくくなります。

大手は分業制なので法律関係の業務がメイン

大手法律事務所でパラリーガルの募集をかけている場合は、法律関係の業務がメインになります。大手は弁護士秘書や事務員などほかのスタッフも配置して分業制になっているケースが多いので「パラリーガルのはずなのに秘書や一般事務ばかりやらされる」といった不満は感じにくいでしょう。

中小は秘書から一般事務まで幅広く担当する

中小規模の法律事務所の場合は、パラリーガルに秘書から一般事務まで任せるケースが少なくありません。今後のキャリアを考えて幅広い業務経験を積みたい場合は向いていますが、法律関係の業務を中心に頑張りたい場合は不満につながる可能性があります。

これまで経験した分野を活かせる事務所を探す

医者に担当科があるように弁護士にも得意分野があり、その分野でのサポートを期待しています。そのためパラリーガルも経験分野を活かせる法律事務所に応募すると内定の確率を高めることができます。

担当弁護士がどんな人かを見極める

パラリーガルは基本的にひとりの弁護士につく形になるので、担当弁護士との相性が非常に大切です。面接で直接会える機会を設けてもらい、人柄や仕事に対するスタンス・考え方などを観察することが大切です。

直接会える機会がない場合は、法律事務所のHPやSNSなどで自身の見解を述べている弁護士も多いので、チェックしておくことをおすすめします。

弁護士秘書や事務職も含めて探す

法律事務所での募集名はパラリーガル以外に法律事務職員や弁護士秘書、事務職などさまざまです。「パラリーガル」という職種名にこだわると選択の幅が狭くなり、せっかく自分に合う法律事務所への転職機会を失ってしまう可能性があります。

職種名よりも業務内容や法律事務所の方針に注目し、自分の経験やスキルが活かせる事務所を探しましょう。

パラリーガルの転職活動方法6つ|内定獲得に最も近い手段はどれ?

パラリーガルの転職活動はほかの職種と比べてやや特殊です。転職活動の方法を確認しましょう。

弁護士会の法律事務職員求人情報

弁護士会のHPで法律事務所職員の求人を出している場合があります。件数は多くありませんが、希望する勤務地の弁護士会の求人情報は定期的にチェックしておくとよいでしょう。

転職エージェントのような求人紹介はなく、求人情報に記載の方法で法律事務所と直接やり取りをすることになります。

参考:法律事務所職員求人|東京弁護士会

転職サイト

リクナビNEXTやマイナビ転職、dodaなどの大手転職サイトは幅広い求人を扱っているため、法律事務所の求人を出している場合があります。転職サイトはサイトに登録したうえで、自分で求人を検索し、法律事務所と直接コンタクトを取る方法で応募します。

こちらも件数はそれほど多くないですが、ほかの方法と併用することで求人情報量を増やすことができます。

求人検索エンジン

「パラリーガル 求人 希望地域」などで検索すると、インディードや求人ボックスなどの求人検索エンジンで法律事務所の求人がヒットする場合があります。

求人検索エンジンは自社掲載の機能もありますが、基本的には他社の転職サイトや求人サイトなどの情報を集約したものなので、実際の応募はほかの転職サイトなどを経由する仕組みになっています。応募方法は求人の内容をよく読んでご確認ください。

気になる法律事務所のHPから直接応募する

気になる法律事務所があるなら、HPの採用ページをチェックしてみればパラリーガルの募集をかけているかもしれません。必ず募集があるとは限りませんが、転職を急いでいないのなら今の仕事を続けながら定期的にチェックし、募集があった段階で応募するのもひとつの方法です。

転職エージェントは対応している?

一般に転職活動は転職エージェントを利用するケースが多いですが、パラリーガルの転職でも転職エージェントが有効なのでしょうか?

正直ほとんどないと思った方が良い

実はパラリーガルの求人を扱っている転職エージェントはかなり少ないのが現状です。理由として、パラリーガルが働く法律事務所は個人経営の場合が多く、パラリーガルをはじめとする事務員をエージェント料金で雇う事務所がほとんどないからです。

法律事務所特化型のエージェントなら可能性あり

ただし、法律事務所や士業に特化した転職エージェントであればパラリーガルの求人を扱っている場合があります。法律事務所での経験年数が求められるケースが多いので、経験者や実務経験豊富な方ならおすすめです。

パラリーガル専門の学校経由

国内で唯一のパラリーガルの専門スクール「AG法律アカデミー」では法律事務所紹介制度を実施しています。未経験での法律事務所への就職内定率は81.3%(令和2年1月時点)と高いため、パラリーガルへの転職を目指す方に最もおすすめできます。

【参考】パラリーガルの学校 AG法律アカデミーの特徴

 

パラリーガルの転職におすすめの転職支援サービス

最後に、パラリーガルが転職する際におすすめの転職支援サービスについて解説します。

AG法律アカデミー|未経験から経験者まで対応

AG法律アカデミー

本サービス、AG法律アカデミーは日本唯一のパラリーガル資格であるJLAA(日本リーガルアシスタント協会)の認定資格を学べる学校です。おかげさまで、受講生の約8割が未経験者と、法律の知識がゼロからパラリーガルを目指す方にも支持されています。

AG法律アカデミーは実務の勉強で終わることなく、法律事務所紹介制度によって転職支援まで行ってくれるのが魅力です。この紹介制度は単に事務所を紹介してくれるだけでなく、受講生の性格や長所をよく知る担当講師が窓口となって転職を後押ししてくれるのが大きな特徴です。

面接対策や応募書類の添削もすべて無料でサポート致します。未経験でもAG法律アカデミーでJLAAのパラリーガル資格を取得すれば紹介制度にエントリーできます。

また実務経験が2年以上あればAGの修了生でなくても紹介制度を利用できるため、経験者にもおすすめの制度です。

参考:AG法律アカデミーの強み

リーガラスstaff|法律事務所の内情に詳しい

リーガラスstaffは法律業界専門の転職支援サービスです。パラリーガルや企業の法務職の求人紹介で15年以上の実績があるため、法律事務所の内情に詳しくミスマッチのない転職につながります。

正社員紹介・派遣・紹介予定派遣の3つの形態から選べるほか、ベテランパラリーガルが講師のパラリーガル養成講座を無料で受けることもできます。

インディード|支援はないが求人数最多

インディードは求人検索エンジンなので転職支援はありませんが、一般的な転職サイトよりも多数の求人を目にすることができます。

転職サイトのように自社で集めた求人だけを載せているわけでなく、クローラーと呼ばれるロボットが自動収集してWeb上にあるさまざまな求人情報を集約し、検索結果に上がる仕組みになっているからです。

パラリーガルの求人はほかの職種と比べて探しにくい側面があるので、より多くの求人情報を集めるという意味では利用するとよいでしょう。

まとめ

パラリーガルは弁護士業務を補助する立場として法律問題に直面する依頼者をサポートできる職種です。やりがいが大きく将来性も豊かなので気になる方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

求人情報を探しにくい面があるので、転職支援サービスを上手に活用してください。

 

 


The following two tabs change content below.

パラリ部

2010年よりパラリーガル資格やパラリーガル実務に関することの他,法律事務所への就職情報などを配信しているパラリーガル(法律事務)専門のWebメディア。 パラリーガル育成の専門スクールが,信頼性と質の高い情報をお届けします。