【初級コース】 エレメンタリー・パラリーガルの講座日程と受講料

2022年 受講受付中!

コース概要

会場 開講日時 回数/日数 開講期間(予定)
平日クラス
【東京】
木曜
19:00~20:30
全27回
全27日
〈2022年春期〉–月–日~–月–日
土曜クラス
【東京】
土曜
10:00~14:30
全27回
全14日
〈2022年春期〉4月16日~7月9日
日曜クラス
【大阪】
日曜
10:00~14:30
全27回
全14日
〈2022年春期〉4月17日~7月10日
通信クラス
【在宅】
自由 全27回 随時(いつでも受講開始可)
通信クラスの詳細はこちら≫

※いつからでも、どの科目からでも、受講を開始していただけます。
途中から受講された場合,未受講の回はオンラインでフォローいただくか,
 または,期をまたいで次の期で該当部分を受講いただくことも可能です。

※1回(1コマ)の講義は90分です。

 
受講料:198,500円(税込218,350円)
【お支払い方法】
・銀行振込み(一括)
・クレジット(一括)
・クレジット(分割)※7回分割まで可。手数料不要。


※法律事務所での実務経験が1年以上ある方は、初級免除でインターメディエイト(中級)から受講して頂くことが可能です。
初級コースの受講をご希望される場合、受講料は半額となります。

 

カリキュラム

回数 テーマ 主な講義内容
第1回 弁護士の職務 ・弁護士の使命と業務内容
・弁護士の守秘義務
・条文の引き方(六法の使い方)
第2回 法律事務所の形態 ・法律事務所の種類
・弁護士会の活動
・職務を行い得ない事件
第3回 パラリーガル倫理 ・法律事務職員の主な業務内容
・法律事務職員の守秘義務
・法律事務職員の心構え
第4回 秘書業務 ・弁護士のスケジュール管理
・裁判所や依頼者からの電話対応
・各種郵便物とFAXの取り扱い
第5回 一般事務業務 ・郵便サービスの基礎知識
・内容証明郵便の作成と差出方法
・金銭及び物品授受に関する事務処理
第6回 裁判所提出書面のルール ・裁判所の標準書式
・書面の提出方法
・法律事務所で用いる印の種類
第7回 民法入門 ① ・民法の全体像
・契約の成立と契約の種類
・代理と使者
第8回 民法入門 ② ・物権変動
・不動産登記と抵当権
・親族法と相続法
第9回 民事裁判の流れ ・民事訴訟とは
・民事訴訟の全体像
・民事訴訟以外の紛争解決手段
第10回 管轄 ・どこの裁判所に訴え提起できるか
・事物管轄と土地管轄
・専属管轄と任意管轄
第11回 訴額の算定 ・訴額とは
・手数料の計算
・訴訟における複数の請求
第12回 訴えの提起 ・委任状の作成
・当事者の表示
・訴状提出に必要な添付書類
第13回 送達 ・期日の指定
・送達の種類(付郵便送達,公示送達など)
・送達の効力
第14回 口頭弁論 ・弁論主義の内容
・証拠の準備と証拠説明書
・期日の種類と期日変更の申請手続き
第15回 訴訟の終了 ・訴えの取下げ,和解,判決
・判決後の事務手続き
・上訴(控訴,上告など)と上訴期間の計算
第16回 必要書類の収集・請求方法 ① ・戸籍記載事項証明書の取り寄せ方法
・戸籍及び改製原戸籍の読み方
・住民票の写しの取り寄せ方法
第17回 必要書類の収集・請求方法 ② ・不動産登記事項証明書の取り寄せ方法
・不動産登記事項証明書の読み方
・固定資産評価証明書の取り寄せ方法
第18回 必要書類の収集・請求方法 ③ ・商業及び法人登記事項証明書の取り寄せ方法
・自動車登録事項証明書及び自動車事故証明書の取り寄せ方法
・弁護士照会制度(弁護士法23条の2)
第19回 ロールプレイング ① ・裁判所からの電話応対
・依頼者からの電話応対
・弁護士への報告
第20回 ロールプレイング ② ・弁護士職務上請求用紙の作成
・裁判所提出書面の作成
・事件記録の作成
第21回 経理・小口会計 ・法律事務所の経理
・簿記の基礎
・損益計算書と貸借対照表
第22回 捜査と起訴 ・捜査の原則
・逮捕と勾留手続き
・起訴手続き
第23回 弁護人の活動 ・刑事弁護の目的
・弁護人の選任方法
・弁護人選任届
第24回 公判 ・公判手続きの流れ
・保釈請求
・伝聞証拠と刑事事件記録の謄写
第25回 専門事務用語と法律基本用語① ・その他の法律事務専門用語とその意味
・中級及び上級で扱う手続きの基本用語
・交通事故,自己破産,執行保全に関する基本用語
第26回 専門事務用語と法律基本用語② ・その他の法律事務専門用語とその意味
・中級及び上級で扱う手続きの基本用語
・交通事故,自己破産,執行保全に関する基本用語
第27回 裁判所見学 ・裁判傍聴
・裁判所内の見学
・弁護士会館の見学
 

学習内容(到達目標)

  • 受講者が、法律を全く学んだことのない初学者であることを前提として講義をします。
  • パラリーガルに必要な、民法・民事訴訟法・刑事訴訟法の基礎知識について、業務上必要な範囲で、しっかり押さえて行きます。
  • 全くの未経験者や法律初学者が、入門レベルから実務の基本レベルまで、無理なくマスターできる内容となっております。
  • 実務での事務処理のみを単発で勉強するのではなく、民事訴訟法・刑事訴訟法と並行して、関連書式を示しながら講義を進めるため、裁判手続の流れや、自分が行っている事務処理の位置づけも、しっかり理解できるようになります。
  • 日々の仕事で使う、基本的な法律用語や専門用語を理解できるので、就職後は、スムーズに仕事に入って行くことができます。

 

 合格率  85%~90%
 

日程表(エレメンタリー・パラリーガル)

2022年 春期(初級コース)※いつからでも受講開始可能です。

回数 テーマ 東京平日クラス 東京土曜クラス 大阪日曜クラス
第1回 弁護士の職務 〈2022年〉
–月–日
〈2022年〉
4月16日
〈2022年〉
4月17日
第2回 法律事務所の形態 –月–日 4月16日 4月17日
第3回 パラリーガル倫理 –月–日 4月23日 4月24日
第4回 秘書業務 –月–日 4月23日 4月24日
第5回 一般事務 –月–日 4月30日 5月1日
第6回 裁判所提出書面のルール –月–日 4月30日 5月1日
第7回 民法入門 ① –月–日 5月7日 5月8日
第8回 民法入門 ② –月–日 5月7日 5月8日
第9回 民事裁判の流れ –月–日 5月14日 5月15日
第10回 管轄 –月–日 5月14日 5月15日
第11回 訴額の算定 –月–日 5月21日 5月22日
第12回 訴えの提起 –月–日 5月21日 5月22日
第13回 送達 –月–日 5月28日 5月29日
第14回 口頭弁論 –月–日 5月28日 5月29日
第15回 訴訟の終了 –月–日 6月4日 6月5日
第16回 必要書類の収集・請求方法 ① –月–日 6月4日 6月5日
第17回 必要書類の収集・請求方法 ② –月–日 6月11日 6月12日
第18回 必要書類の収集・請求方法 ③ –月–日 6月11日 6月12日
第19回 ロールプレイング ① –月–日 6月18日 6月19日
第20回 ロールプレイング ② –月–日 6月18日 6月19日
第21回 経理・小口会計 –月–日 6月25日 6月26日
第22回 捜査と起訴 –月–日 6月25日 6月26日
第23回 弁護人の活動 –月–日 7月2日 7月3日
第24回 公判 –月–日 7月2日 7月3日
第25回 専門事務用語と法律基本用語① –月–日 7月9日 7月10日
第26回 専門事務用語と法律基本用語② –月–日 7月9日 7月10日
第27回 裁判所見学 –月–日 7月12日 7月4日