法律事務所紹介制度|パラリーガル向け転職支援サービス概要

パラリーガル_転職支援

AG法律アカデミーは、パラリーガル(法律事務員)専門の資格講座を運営している国内唯一の専門スクールです。国内の大手法律事務所をはじめ、一般民事・刑事事件・企業法務事務所に対し、アカデミーで資格を認定された方の転職支援を行っております。

AG法律アカデミーで学んだ内容は、各事務所様に高く評価いただいており、あなたの価値を最大限生かせるポジションを提案することが可能です。

パラリーガルに転職したい、今の事務所から転職したい、企業の法務部へ転職したい、知識をつけてキャリアUPにつなげたいとお考えの方は、まずはAG法律アカデミーの無料説明会にご参加ください。

弁護士業界・法務職キャリアに精通した、AG法律アカデミーのアドバイザーがあなたのキャリア相談に乗ります。

※AG法律アカデミーは、日本唯一の「パラリーガル認定資格」発行を行う『一般社団法人 日本リーガルアシスタント協会』の指定校です。
※転職支援はパラリーガル認定資格を取得する為、AG法律アカデミーを受講された方を対象に行っております。

 

転職支援・求人紹介例

  • 国内の法律事務所
  • 企業の法務部

 

パラリーガル専門スクールだから自信がある|転職支援サービスのメリット

個々の性格や要望に合った事務所を紹介

法律事務所の規模や取扱事件など、それぞれの事務所の特徴や違いを説明したうえで、その方に合った法律事務所を紹介します。

講師が弁護士に直接アピール

法律事務所からの求人をただ紹介するだけではありません。

応募者(受講生)の性格や長所をよく知る担当講師が、履歴書や志望理由書等を持参して法律事務所に出向き、応募者の人柄や採用するメリットなどを弁護士に直接アピールします。

講師が弁護士との窓口になってミスマッチを防止

通常の人材紹介会社では、基本的には法律実務に精通した担当者はいません。ですので、弁護士からスキルについて専門的なこと聞かれても、話の内容が見えず正確に回答することがでません。

しかし、法律事務所側からすると、応募者が具体的にどのような事務手続きができるのかを把握することはとても重要です。この点、AGでは、必ず担当講師が弁護士(法律事務所)との窓口になるので、専門的な内容についても円滑に意思疎通を図れます。

したがって、一般的によくあるような、応募者のスキルと採用側の求めるスキルとのミスマッチが起こりません。

就職・転職後のフォロー

一度法律事務所に入ったら終わりではなく、パラリーガルとしてお仕事をされている間のアフターフォローも充実しています。職場での悩みは、なかなか事務所の先輩や弁護士の先生方に話せないことも多いと思います。そんな悩みや不安をお気軽に講師にご相談いただけます。

また、数年後に事務所の移籍を希望される際にも、キャリアアップに繋がる法律事務所をご紹介いたします。

初めて法律事務所へ転職・就職する方への手厚いフォロー

AG 法律アカデミーでは、受講者が望む法律事務所へ就職できるよう、履歴書や職務経歴書の作成指導から面接対策や第一印象アップとなる立ち居振る舞いに至るまで、徹底したアドバイスを行っていきます。

履歴書・職務経歴書の添削|書類通過率90%以上

就職・転職の第一関門は書類選考です。したがって履歴書・職務経歴書の重要性は言うまでもありません。 どなたでも必ず法律事務所で生かせるスキルや長所をお持ちです。

AG 法律アカデミーでは、担当講師が一人ひとりの経験や個性を分析し、受講生の魅力を最大限に生かし、 法律事務所の合格水準に達する履歴書・職務経歴書となるよう、丁寧な添削指導を行っています。

面接対策・ビジネスマナーも

法律事務所と一般民間企業とでは、求められる人材が違います。したがって、民間企業への転職活動と同じよ うに活動してもなかなか良い結果が出ません。これまでAGで独自に蓄積してきたデータを基に、法律事務所 の面接でよく聞かれる質問を練習素材として用いながら、ロールプレイング形式で面接対策を行います。

第一印象アップのポイントから好印象を与える話し方まで、プロの専門講師が受講生一人ひとりに対して個別 にアドバイスをしていきます

個別面接対策により内定率90%以上

受講生一人ひとり、経歴もキャリアも違えば個性もそれぞれです。また、法律事務所によって求められる能力やアピールすべきポイントも変わってきます。そこで、各受講生のキャリアや個性を踏まえ、それぞれの応募事務所に合った面接対策を担当講師が徹底して何度でも無料で行います。

転職支援サービスのエントリー要件

原則、下記のいずれかの要件を満たす方

JLAAの3つの資格のうち、いずれかの有資格者

  1. エレメンタリー・パラリーガル取得講座(初級)
  2. インターメディエイト・パラリーガル取得講座(中級)
  3. アドバンスド・パラリーガル取得講座(上級)

 

法律事務所での実務経験が2年以上ある者

※実務経験2年以上であれば、AGの修了生であるか否かは問いません。

補足:ご希望の条件や法律事務所側の募集要件等により、法律事務所をご紹介できない場合もございます。

 

よくある質問

Q:誰でもパラリーガルになれますか?

はい。パラリーガルはどなたでもなれる職業です。

パラリーガル(法律事務職員)は、国家資格ではなく、どなたでもなれる職業です。難しい法律知識は不要ですし、AG法律アカデミーの受講生の約8割は、全く法律を学んだことのない方々です。

しかし、実務に入れば専門用語が飛び交うのは事実です。右も左も分からないまま法律事務所に入ってしまうと、裁判所に提出する書面等を見て、何もかもが分からず「自分には向いていないかも?」と自信を無くしてしまう方も少なくありません。

したがって、AG法律アカデミーでは、全くの未経験者から実務経験者まで、各レベルに合わせたカリキュラムで、あなたを法律事務のスペシャリストへと導きます。

Q:パラリーガル認定資格は就職に有利になりますか?

はい。法律知識・スキルを客観的に裏付けする資格のため必ずお役立て頂けると思います。

「パラリーガル認定資格」は、各レベルに応じた法律事務の実務知識を有していることを裏付けるもので、パラリーガルスキルの証明となります。パラリーガル有資格者は、法律事務所だけではなく、特許事務所や企業の法務部など様々な分野での活躍が期待されます。

パラリーガルの基本スキルは、法律事務所のみならず、企業の法務部などでも需要が高く発揮できます。
※現在パラリーガル「資格」が取得できるのは、AGのみ。

Q:応募書類の添削・面接対策だけを受けることは可能ですか?

原則としてお受けしておりません。
基本的には、AG法律アカデミーで学ばれた方を対象としております。

単に法律事務所へ就職するだけでなく、AG法律アカデミーは、未経験者であっても『基本的な法律用語と裁判手続の流れを理解し、日常業務における基本的な取扱い書類を処理できる』レベルにまで到達し、法律事務所でパラリーガルとして活躍できる人材育成を目的としております。

本校で学んでいただいた上で法律事務所さまにご紹介させていただくため、時間はかかりますが高い内定率を誇っており、結果として長く働いていたけている為、このような方法を取らせていただいております。