パートタイマーとアルバイトって何が違うの?

 

法律事務所のパラリーガルに限らず、
雇用形態には正社員、契約社員、パートタイマー、アルバイト
などさまざまな形態が存在します。

 

ところで、求人情報を見ていると、似たような非正規雇用で
パートタイマー」と「アルバイト」という
募集があるのを一度は目にしたことがあると思います。

 

生徒さんからも「パートタイマーとアルバイトは
何が違うんですか?」というご質問をよく受けるので、
今回はこの二つの相違について一緒に見て参りましょう。

 

 

|実は明確な定義は存在しない

 

「パートタイマー」と「アルバイト」
実は、明確な定義は存在しません

 

パートタイム労働法(短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律)
によれば、パートタイマーとは短時間労働者、すなわち
「1週間の所定労働時間が通常の労働者の1週間の
所定労働時間に比べて短い労働者」と定められています。

 

ここにいう「通常の労働者」は正社員を指すと解されますから、
短期労働者としてこの定義に該当する労働者は、
アルバイト、パートタイマーとどのような呼称であっても
パートタイム労働法の対象になります。

 

 

|労働基準法における差もない

 

労働基準法上は、パートタイマーやアルバイトだけではなく、
正社員、契約社員等もすべて「労働者」とされており、
労働時間による差はあっても呼称による区別はありません。

 

従って、労働基準法上もパートタイマーとアルバイトの
違いはありません。

 

 

 

|求人サイトや企業が勝手に分類しているだけ

 

「パートタイマー」「アルバイト」は、
企業が勝手に分類してそう呼んでいるに過ぎません。

 

中には「パートタイマーは女性のみ」「アルバイトは学生」などと
分類しているところもありますが、それはあくまでハウスルールです。

 

従って、「パートだから男は無理か・・・。」などと思わずに、
雇用形態について疑義が生じたときなどは
雇用条件等についてしっかり問い合わせるようにしましょう。