法律事務所からの書類、「様」と「殿」どちらを使う?

 

宛名書きをするとき、
ほとんどの人は「」を用いることと思います。

 

ただ、ときどき「殿」と書かれているものを
見かけることはありませんか?

 

法律事務所の書類もそうです。

 

ときどき「殿」と書かれているのを目にすることと思います。

 

そうなると、
『殿はお殿様の殿だし、殿の方が丁寧だったりする?』
と一度は悩まれることでしょう。

 

基本的に、何か書類を出すときには、
「様」を用いるのが正解です。

 

なぜなら、元来「殿」というのは目下の者に対して用いる表現なので、
書類等を送付する際に用いると、相手方に対して失礼だからです。

 

では、なぜ弁護士ともあろう人が「殿」を用いるのか?

 

自分は弁護士で偉いんだぞ!と言っているのか・・・?
それとも、単に知らないだけ・・・?

 

いいえ、両方とも違います。

 

ときどき戦略として、
相手方弁護士に文書を送る際にだけ「殿」を用いる
弁護士の先生がいらっしゃいます。

 

「殿」と弁護士の先生が用いているときは、
おそらくその書類は相手方弁護士に送るものでしょう。

 

ここで注意しなければならないのは、
「殿」を用いた書類の差出人はあくまで弁護士ということです。

 

パラリーガルが事務所名で書類を送付するときは、
「様」を用いるべきことがほとんどなので気をつけましょう。

 

なお、どちらを用いるべきかわからないときは
自分限りで判断するのではなく、
弁護士の先生や先輩パラリーガルにしっかり相談するようにしましょうね!

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>