20代女性におすすめの転職サイト・職種・業界を徹底解説|高年収・働きやすい職業も紹介!

20代の女性が転職をする際、キャリアアップのことはもちろん、結婚や出産などのプライベートの時間も充実させられるかどうかも気にしながら転職活動をする方は多いのではないかと思います。

20代女性の転職には、若さによるポテンシャル採用や、20代後半の女性が持つキャリア・スキルを評価したキャリア採用があります。いずれにしても20代女性のニーズは高く、転職自体は難しくありません。

その中でもより自分のビジョンを達成できる、より自分が自分らしく活躍できる職場を探すためには、本記事でご紹介するような『女性向けの転職サイト』を活用し、在職中に効率よく転職活動を始めることをおすすめします。

また、20代女性が転職する際、企業からどのようなことを求められているのかをしっかり把握することで、転職成功率を上げることができますし、転職を機に未経験の分野にチャレンジするのであれば、今後需要が高まることが予想される、専門知識の高い事務職が狙い目です。

この記事では、20代の女性が転職活動を始める前に知っておいてほしい情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

20代女性向け|人気の事務職へ転職するならおすすめの転職サイト5選

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

  1. 1都3県で転職を考える20代~30代の女性の求人に強み
  2. 女性の転職実績も豊富にあるので、質の高い転職支援サービスが受けられる

20代女性の中にも、高収入・高キャリアをめざして転職したいという人も多いでしょう。そんな女性におすすめなのが『type女性の転職エージェント』です。

年収400万円以上の求人を保有し、女性に特化したエージェントなので、女性が働きやすく、なおかつ高収入が目指せる転職先が見つかります。

公式サイト:https://type.woman-agent.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、女性の転職支援に力を入れている転職エージェントの一つです。女性の場合、年齢や家庭状況に応じて、仕事に求めるが大きく変わります。マイナビでは、利用者それぞれのニーズに応じた対応ができるよう、丁寧なヒアリングを心がけています。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/womanwill/

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの最大の強みは、キャリアカウンセリングの手厚さにあります。女性ならではのワークライフバランスに対する考え方など、ひとりひとりへのカウンセリングを惜しまないことから、女性でも安心して転職活動を行えるということで評判です。女性のキャリアカウンセラーに面談をお願いできるため、安心して利用出来ると評判です。

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

とらばーゆ

とらばーゆ

リクルート社が運営する女性に特化した転職サイトです。求人雑誌から始まった老舗の転職サイトで、女性向け求人の豊富さは最大手。独自の求人を多く保有しており「ちょっと求人がものたりないな」と感じる方は一度チェックしてみることをおすすめします。

公式サイト:https://toranet.jp/

ウズキャリ第二新卒|第二新卒女性向け

ウズキャリ第二新卒

ウズキャリ第二新卒は、第二新卒を専門とする転職サービスです。ウズキャリ第二新卒の内定率は、なんと86%以上。女性に特化しているわけではありませんが、若手の転職成功率が高いことから、「在職歴が短くて悩んでいる女性」や「社会人としての経験が少ない女性」は、ウズキャリ第二新卒がおすすめだといえます。

公式サイト:https://daini2.co.jp/service-introduction/

20代女性の転職におすすめの業界・職種・企業はある?

20代の女性はどのような職種に転職しているのでしょうか。まずは、20代女性の転職を絶対おすすめという基準はないものの、転職を希望している人が多い人気の職種をご紹介します。

人材業界(キャリアアドバイザー)

キャリアアドバイザーとは、転職を希望する方の相談に乗り、よりよいキャリア支援するエキスパートです。相談者が自ら考えを整理し、言語化できるような手助けを積極的に行っていきます。その上で、自社で保有している求人の中から最適と思われる案件をいくつか提案し、内定となるよう親身なサポートを行っていきます。

IT/WEB(マーケターなど)

Web(インターネット)を活用したマーケティング活動をするのが主な仕事です。一言で簡単に片付けられてしまうことが多い職種ですが、Webメディアを運用するのか、Webサービスなのか、ECサイトの運営なのかで、役割は大きく違います。

ただ、女性の場合『女性向けサービス』を運営する企業への転職はそのまま『自分ごと』として捉えられ、『私だったらこの方がいい』という意見が重宝されますので、おすすめです。

法曹業界(パラリーガル・法律事務員は8割女性)

パラリーガルは、法律事務所における弁護士のサポートをする人のことです。ほぼ女性の方が8割程度を占める職種です。主な仕事は訴訟の資料探しや法律関係書類の作成などになり、弁護士の業務補助というイメージを持つとよいでしょう。

まだまだ知名度が低いせいか選考倍率も低く、事務職の中でも高度な専門性を持ち、事務職としては専門知識も付きますので、キャリアアップしたいという面ではおすすめです。

 

事務系(営業事務・経理・秘書など)

  • 営業事務:外回りする営業職をサポートする仕事。スケジュール管理やメール対応、議事録作成などをメイン。
  • 経理事務:毎日の現金の支払い・受け取り、伝票の仕分け・処理、帳簿作成、経費処理など
  • 秘書:社長や役員などの庶務全般。メール・電話対応やスケジュール管理、来客対応、書類作成など仕事内容は幅広い

一般的に事務職と言えば上記を想像される方が多いと思います。実際女性の事務職の多くはこの職種に当てはまるのではないでしょうか。

管理部門(総務・人事)

  • 総務:コピー機やパソコンといった備品の配布や管理、社内イベントの企画・運営、クライアントの冠婚葬祭まで
  • 人事:採用活動や異動、退職などの手続きを行います。そのほか、毎月行う給与計算や社会保険の手続きも担当

総務は派手さはありませんが、会社を裏から支える大切な仕事ですね。人事は事務職の中でも花形になり、人事を希望する方は多くいらっしゃいます。

人事は会社の考えを理解し、長く働いてくれる人を採用するのが主な仕事ですが、人に対して丁寧に接することができるか方が向いています。

広報(PR等)

新聞や雑誌、テレビ等の広告枠を購入して宣伝を行う広告とは違い、情報を発信することで新聞や雑誌媒体に取り上げてもらうことで、ステークホルダーに活動内容などを理解してもらうお仕事です。『会社の顔』といって差し支えないポジションですので、女性を起用する企業が多いのは確かです。

 

20代女性の転職におすすめ!今後さらに需要が高まり狙い目な職業3つ

事務職_女性

会社の中核を担う人事労務

社員を大事にする意識がより高まると予想されるので、労務はおすすめです。とくに、労働関連法令や社会保障法令に基づく書類の作成が主な仕事の社労士(社会保険労務士)の資格を取っておくと心強いです。

これまでは大手企業のみが力を入れて取り組んできた分野ではありますが、人事・労務に関する明確な基本姿勢となる枠組みはまだ未整備です。

そのため、人事領域に積極的なベンチャー企業や中小企業に狙いを定めることで、のちのち転職をするにしても引く手数多の人材となれる可能性が高いと言えます。

中小企業では、総務が人事・労務を兼任していることもあります。何かひとつにこだわったプロフェッショナルになるというよりかは、多様なシーンで活躍できるゼネラリストになるというイメージを持っておくとよいでしょう。

企業と求職者を繋ぐ|人材紹介業

キャリアアドバイザーとも呼ばれ、求職者を希望条件の合う企業へ紹介するお仕事です。人材業の大手としては『リクルート』や『doda』『マイナビ』などが行なっているサービスを、イメージしていただけると良いでしょう。

上記の人事労務の話しと関係していますが、いま働き方改革やブラック企業への関心がかなり高く、給料ややりがい以上に、ホワイト企業かどうかの判断が非常に重視されています。

弁護士のサポートをする|パラリーガル

特別な資格が不要ながら法律の知識を活かして働ける「パラリーガル」は、近年認知度が高まっている職種のひとつです。優秀なパラリーガルの需要は高く、将来性にも期待できるため、法律分野に興味のある方にはおすすめの職種といえます。

パラリーガルの大きな魅力は、法律問題で困っている人をサポートできることです。弁護士のように直接の法律相談に乗ることはできませんが、依頼者の相談内容をヒアリングしたり、重要な手続きをサポートしたりするのはパラリーガルの仕事です。

問題がよい方向で解決した際には感謝の気持ちを伝えてもらうことも多く、大きなやりがいを感じる瞬間です。

 

20代女性が転職を成功させる為の企業選びのポイント3つ

20代女性が転職を成功させる為の企業選びのポイント3つ

福利厚生がしっかりしていること

福利厚生については大手企業とベンチャー企業でかなり異なってきますし、同じ会社内でも職種によって異なることもあります。最低限どのような福利厚生が必要と考えているかを整理しておきましょう。

女性比率が高いこと

働く職場の女性比率が高いことも大事ですね。女性社員が多いと言うことは、それだけ女性が働く上でプラスに働くポイントが多いということになります。ただ、女性が多いことで起こり得る問題もありますので、転職する際はエージェントなどを活用して内情をしっかり把握しておきましょう。

女性役員がいること

女性の役員がいる会社自体がまだまだ少ないため、あまり考えたことはないかもしれませんが、これからの時代女性役員が一人もいない会社には資金が集まらなかったり、事業成長の面でマイナスを受ける可能性があります。

「女性役員がいない企業との取引はしない」
ゴールドマン・サックスのCEOは今年(2020年)1月のダボス会議(世界経済フォーラムの年次総会)で、「女性など、多様な取締役メンバーがいない企業については、そのIPO(新規株式公開)の主幹事を引き受けない」と宣言して大きな反響を呼びました。おそらくこうした方針を打ち出したのは、ウォール街の投資銀行の中でも初めてでしょう。ゴールドマン・サックスにとって、企業が上場する際の主幹事業務は、コアビジネスの一つです。この方針は、アメリカと欧州を対象としたもので、アジアは対象から外れていますが、海外でも日本でも大きな話題になりました。
引用元:ゴールドマン・サックスが女性役員のいない企業の上場支援をしないワケ

あなたが役員になりたいかは別として、企業選びにおいて特に上場企業への転職を検討されている場合は、こういった点も見ておくのが良いでしょう。

20代女性が転職で事務職を目指すならパラリーガルがおすすめな理由

次に、なぜ事務職のなかでもパラリーガルをお勧めするのか、その理由をご紹介します。

パラリーガルとはどんな仕事か?主な業務内容6つ

以下のような仕事が、パラリーガルならではの業務です。

法律資料、文献、論文の収集、判例調査

弁護士が業務を進めるに際して必要となる判例、法律書や論文、データなど、各種資料を収集し、調べて弁護士へ報告します。

法律相談の準備としての聞き取り

弁護士が法律相談に入る前に、パラリーガルが依頼者と対面して概要をまとめます。氏名や住所などの基本的な情報はもちろんのこと、必要な範囲内で家族構成や相談内容の概要を記録にとって簡潔にまとめるケースもあります。

議事録の作成

パラリーガルは、弁護士が行う法律相談や依頼者・顧問企業との打ち合わせに同席するケースも少なくありません。相談内容や打ち合わせ内容を記録にとり、議事録にまとめて後日、参照できるように用意しておきます。

裁判書類の作成補佐

訴状や準備書面、証拠申出書、陳述書などの裁判所に提出する書面のドラフトを作成します。期日請書などの事務的な書面はパラリーガルが作成して裁判所へ提出します。

裁判所とのやりとり・同行

裁判所との期日調整や進行についての連絡などは、パラリーガルが進めます。また、裁判所で行われる弁論や弁論準備、破産審尋や免責審尋、債権者集会などの手続きに同行し、必要に応じて傍聴席などでメモをとるケースもあります。

債務整理等における相手方業者との交渉補佐

借金整理に関する事件では、特にパラリーガルの存在感が大きくなります。弁護士の指示・監督のもと、相手方業者(債権者)と電話で交渉をしたり、和解契約書のドラフト(下書き)を行ったりします。

パラリーガルは事務職としては珍しい専門スキルが身につく職種

上記の内容からも想像できるように、ただの事務職には無い専門的知識やスキルがつくのがパラリーガルの魅力の一つ。

さらに!

  • 全国どこでも即戦力になれる
  • 生涯にわたってスキルを高められる など

パラリーガルのスキルは、全国の法律事務所で共通です。いったんパラリーガルとしてのスキルを身に付ければ、どこの法律事務所でも「即戦力」として働けるので、法律事務所からは重宝されます

法律事務所で扱う事件は、民事事件・刑事事件・行政事件と多岐にわたります。民事事件一つとっても、貸金トラブル、離婚・相続、交通事故、労働トラブル、不動産トラブ、企業業務etcと様々。

また、近年は法律事務所のみならず、企業の法務部などでも非常にパラリーガルへの需要が高まっています。企業のグローバル化に伴い、大手企業をはじめ多くの企業がコンプライアンスを重視する中、各企業で法務部の人員を強化しているためです。

多くの企業には顧問弁護士がついていますが、法律事務所に勤めていたパラリーガル経験者であれば弁護士とのやり取りもスムーズにでき、業務を効率的かつ円滑に進めることができます。

このような理由により、今、多くの企業でもパラリーガルスキルを持った人材が求められています。

年収は370万円前後|一般事務職の年収よりも高い

パラリーガルの平均年収は、370万円前後です。

ただこの数字は年齢別、男女別、都道府県別ごとに出した平均年収データをまとめて、実際のデータから換算した平均年収の数値です。働く場所や本人のスキルによっても異なるために、一概に数字を示すことができませんが、大規模な渉外事務所、特許事務所になると年収600万円〜800万円になるケースもります。

女性が活躍できる理由が多い

法曹界の職業は男性が多いため女性には少し敬遠されがちですが、パラリーガルは女性も多数活躍しています。性別によって業務内容やキャリアが制限されることはないため、長く働ける環境を求める女性にとって魅力的というのがひとつ。

さらに、パラリーガルは残業が少なめ・休暇を取得しやすいなど、比較的ワークライフバランスが取りやすい職種であるのも、女性におすすめする大きな理由です。

経験を積めば大企業の法務部への転職も可能

パラリーガルとしての経験は企業の法務部で活かすことができます。特に企業法務を扱う法律事務所での経験があれば法務部で重宝される可能性が高く、実際にパラリーガル経験を活かして法務部に転職された方は多いです。

法律の知識のほかに、コミュニケーション能力や語学力なども活かすことができます。法務部があるのは大手や上場企業が多いため、年収や待遇の向上にも期待できるでしょう。

パラリーガルになる・転職するなら「AG法律アカデミー」

AG法律アカデミー

次に、パラリーガルになるための最短ルートとして人気の高い、AG法律アカデミーについてご紹介します。

パラリーガル専門の学校

「AG法律アカデミー」は毎年100名を超える法律事務未経験者が受講する、パラリーガルの実務を学べる国内唯一の予備校です。AGで学びパラリーガル認定資格を取得していることは、即戦力であることの客観的な証明になり、法律事務所への転職成功率を高めることに一役買っています。

実務知識を身につけた状態で法律事務所へ転職可能

その証拠に、未経験者の法律事務所への就職内定率は、81.3%(就職対策利用者比。R2年1月時点。)

AG法律アカデミーのパラリーガル資格講座を修了された方の多くは、東京・大阪の法律事務所をはじめ、関東や関西以外でも札幌・名古屋・福岡など全国各地の法律事務所に就職され、現在パラリーガルとして活躍されています。

[参照]パラリーガルの学校 AG法律アカデミーの特徴

20代の女性が転職を成功させる3つのコツ

最後に、20代女性がこれからの転職活動を成功させるための3つのコツをご紹介します。

やりたいことをハッキリさせよう

  1. 「キャリアアップしたい」
  2. 「高収入を目指したい」
  3. 「職場環境を良くしたい」など

転職したい理由はさまざまで、できることならすべての条件を満たした職場で働きたいですよね。

しかし、求める条件が多いほど、応募できる求人は少なくなりますし、転職したけど本当に一番の目的が達成できなかったということになりかねません。

まずは、なぜ転職したいのか、次の仕事に求める条件を紙に書き出してみることをおすすめします。さらに書き出した目的・条件に優先順位をつけていきましょう。

会社はトータルで評価する

採用後のミスマッチを防ぐためにも、求人情報だけでは得られない生の情報を集めておくことをおすすめします。

昨今のコロナ禍でオンライン面談が流行っていますが、できれば実際に会社に赴き、社内の雰囲気を自分の目で確認すすることは大事です。

また、口コミサイトを利用する、転職エージェントに話を聞くなどして、入社後にギャップを感じないようにしておくのも良いでしょう。

法律事務所の場合はなかなか情報が出てこないかもしれませんが、そういった場合は『AG法律アカデミー』の講師やアドバイザーに聞くことで、細かい内情を教えてくでますので、積極的に活用することをお勧めします。

30代以降のことも考える

30代になれば、20代以上に明確なキャリアプランが求められます。

企業側は長く働いて貢献してくれる人材を求めているため、出産や育児などのライフイベントで退職されてしまうと損失になってしまいます。

また、転職をしにくくなる時期でもありますので、自分の興味関心、将来のキャリアプランをある程度見立てて転職活動をすることで、次の転職はもちろん、年収UPなど、自分の市場価値を高めることにつながります。

女性が転職を成功させる3つのポイント

女性が転職を成功させる3つのポイント

転職を成功させて希望の企業で活躍するためには、3つのポイントを押さえておくと良いでしょう

キャリアプランを明確にする

転職を成功させるためには、5年後や10年後といった長期的な将来設計を立てるのがポイントです。企業や仕事を通し、自分がどのような姿でありたいのかが明確になれば、現在転職すべき企業が見えてきます。併せて、資格の取得やスキルの習得など、キャリア形成のための行動も見えやすいしょう。

仕事に求める条件に優先順位をつける

転職活動をしていると、なかなか企業選定ができずに悩む方も多いでしょう。そこで重視したいのが、条件に優先順位をつけて企業選びをすることです。職種や仕事内容はもちろん、社風や人間関係、福利厚生や勤務地など、「これだけは譲れない」と思うものを見つけておきましょう。

女性が活躍できる企業を見極める

女性が転職を成功させるためには、以下の3点を参考に、女性が活躍できる環境であるかを確認しましょう。

  • ライフイベントに対応してくれる
  • 男性と同様の評価を受けられる
  • スキルの習得ができる

結婚や出産、育児といったライフイベントに対応できる企業である場合、長期的に活躍できる可能性が高いでしょう。また女性が管理職となれる職場や、女性の活躍を推進している職場かどうかを見極めることも大切です。

まとめ

20代の女性は転職に際し、自身のキャリアプランを明確に立てておくことが重要です。

年齢に関係なく活躍できる転職先を見つけるためには、

  1. 自身のスキルを磨くことと
  2. 出産や育児中の女性が働きやすい環境が整っている企業を探す
  3. 将来役立つ事務職とは何か考える

ことが大事です。

独自での情報収集だけでなく、転職エージェントの活用や資格の勉強など、積極的に活動していきましょう。

 


The following two tabs change content below.

パラリ部

2010年よりパラリーガル資格やパラリーガル実務に関することの他,法律事務所への就職情報などを配信しているパラリーガル(法律事務)専門のWebメディア。 パラリーガル育成の専門スクールが,信頼性と質の高い情報をお届けします。