パラリーガルの法律実務【直帰する際の注意点】

ol

 

 

パラリーガルは、意外と外出する機会が多いです。

相続関係のお仕事が入った際には、銀行に預貯金の確認・解約に行ったり、
証券会社に証券の確認・名義変更に行ったり、
場合によっては登記簿謄本をとりにいったりすることも。

 

昼間に銀行へ行ったことのある方ならご存知だとは思いますが、
銀行の窓口は大変混雑しています。

 

待ち時間が1時間を超えるなんてことも少なくなく、
場合によっては、待っている間に
終業時間を迎えることも少なくありません。。

 

銀行へ行く時間が終業時間ギリギリというときは、
「用事が終わったらそのまま事務所に戻らずに
家に帰って良いですよ(直帰)。」
と弁護士からいわれることがあります。

そのような場合に、どのようなことに気をつければ良いでしょうか。

 

 

 

|報告を怠らない

基本中の基本ですが、直帰してもいいといっても、
そのまま何もせずに帰って良いという訳ではありません。

終業時刻を過ぎていたとしても、必ず弁護士や先輩に対し、
仕事の進捗や結果について報告するようにしましょう。

報告の方法は、基本的には電話です。

必要があれば、電話に加えメールでも報告しましょう。

 

 

 

|直帰で良いのか再度確認する

たとえ「直帰で良い」とあらかじめ言われていたとしても、
仕事の進捗の関係や緊急の用事が入るなど、
急に事務所に戻る必要が生じる場合もあります。

従って、出かける際に直帰を指示された場合であっても、
実際に帰る前に、本当に直帰して構わないのか
いまいちど確認するようにしましょう。

 

 

 

|挨拶はしっかりと!

直帰してもいいことが確定した際には、
しっかりと「お疲れ様です。お先に失礼いたします。」
一言挨拶をしてから帰宅するようにしましょう。

 

 

 

|次の日の報告も忘れずに

直帰した次の出勤日には、
直接、弁護士や先輩に報告するようにしましょう。

 

 

仕事が終わってそのまま家に帰ることができるとなると、
早く家に帰りたいという先走った気持ちからつい報・連・相を忘れがち。

家に帰るまでしっかりと気を抜かず、
報・連・相を怠らないよう気をつけましょうね!

 

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>