パラリーガルなら知っておきたい「事件番号」のこと

note

 

弁護士事務所に勤務するようになると、
事件番号」という言葉を耳にすると思います。

 

裁判所から電話がかかってくる際には、
「事件番号を申し上げます。平成27年(ワ)第****号~」
などと、事件番号を言われますし、
逆に裁判所に電話をする際も、
この事件番号を伝えなければなりません。

 

そこで、今回は、この事件番号について見て参りましょう。

 

 

|事件番号とは?

事件番号とは、それぞれの裁判(事件)に付される番号です。

 

弁護士が事件を受任して、裁判所に申立てをした場合に、
裁判所が事件を受け付けると、事件記録の表紙に、
事件の種類ごとに事件番号が付されます。

 

それぞれの事件に番号が付されることによって、
簡単に事件を特定できるようになっています。

 

従って、異なる事件に同一の事件番号が
付されることはありませんし、
同じ事件に異なる事件番号が
付されることもありません。

 

裁判所のサイトでも、事件番号によって
事件を検索することが可能です。

参考:裁判例情報(裁判所ホームページより、平成27年12月8日現在)

 

 

|事件番号はどう付されるの?

事件番号は、
受理裁判所名、受理年度(暦年)、符号・番号(毎年1号から始まる)
といった順番で付されます。

 

たとえば、
「東京地方裁判所 平成27年(ワ)第****号~」
という形です。

 

事件の符号は、約200種類ありますが、
代表的なものとしては次のようなものが挙げられます。

 

<簡裁民事> 少コ:少額訴訟、ロ:督促、ノ:調停
<地裁民事> ワ:通常訴訟、ヨ:保全命令、フ:破産、再:民事再生、
再ィ:小規模個人再生、ヌ:不動産執行、ル:債権執行、行ウ:行政訴訟
<高裁民事> ネ:控訴、行コ:行政控訴
<家裁>   家:家事審判、家イ:家事調停、少:少年保護

※これらの他、刑事事件や、最高裁での係属事件にも符号はあります

 

すべての符号の意味を覚えておく必要はありませんが、
代表的なものだけでも覚えておけば
電話対応をスムーズに行うことができるので便利ですよ!

 

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>

 


The following two tabs change content below.

パラリ部

2010年よりパラリーガル資格やパラリーガル実務に関することの他,法律事務所への就職情報などを配信しているパラリーガル(法律事務)専門のWebメディア。 パラリーガル育成の専門スクールが,信頼性と質の高い情報をお届けします。