花粉症でマスクが手放せない!マスクに関するビジネスマナーについて

kahun

 

今年も花粉症の人間にとって嫌~な季節がやってきました。

スギ花粉症の有病率は全国で20%を超えるともいわれ、
いまや「国民病」「風土病」ともいうべき疾患でしょう。

そんな花粉症患者にとって、マスクは必需品。
最早、体の一部と言っても過言ではありません。

しかしながら、ビジネスの世界では、
マスクで顔の半分を覆ったままで対応した場合、
「信用できない」「不快」といった印象を与えてしまうことも。

 

今回は、マスクに関するビジネスマナーについて紹介していきます。

 

 

|マスクをしたまま電話に出るのはマナー違反?

電話の相手はマスクをしているかどうか確認ができないため、
マスクをしたまま電話に出てもマナー違反とまではいえません。

ただ、マスクをしたまま話をした場合、
どうしても声が聞こえにくくなってしまったり、
くぐもってしまったりしてしまうことも。

相手方が聴き取りやすいように話すことは
電話における大切なビジネスマナーですので、
できればマスクを外した状態で電話に出るようにしましょう。

 

 

|マスクをしたまま商談・面談に臨むのはマナー違反?

商談や面談の席にマスクを着用したまま臨むのは
基本的にはマナー違反です。

あらかじめマスクをはずして商談・面談に臨みましょう。

どうしてもマスクが無いと
鼻水・くしゃみが止まらないというような場合は、
マスクをはずしてしまうとかえって失礼にあたることも。

そのような場合は、

「申し訳ありません。
花粉症がひどく、ご迷惑をおかけしてしまうため、
このままマスクを着用した状態で失礼致します。」

と、相手方に対して、あらかじめ一言断りを入れましょう。

 

 

|マスクをしたまま面接を受けるのはマナー違反?

面接の際にも、マスクを着用したまま
臨むのは基本的にマナー違反です。

面接会場に入室する前にマスクをはずしましょう。

※コートを脱ぐタイミングと同じタイミングで外すようにしましょう。

 

どうしてもマスクが欠かせない場合でも、
一旦マスクをはずしたうえ

「申し訳ありません。花粉症がひどく、くしゃみが止まらないため、
マスクを着用させて頂いてもよろしいでしょうか。」

一言お伺いをたててから
マスクを着用するようにしましょう。

 

辛い花粉の季節、マスクを着用する際にも
しっかりとビジネスマナーを守って、
気持ちよく過ごせるようにしましょうね!

 

===================================================

|無料説明会のご案内【PR】

法律事務所への就職・転職や、
パラリーガルに関する様々なことについて、
無料説明会を実施致しております要予約)。

説明会では、以下のようなことを
詳しくお話しさせていただいております。

  • パラリーガルの具体的な仕事内容
  • パラリーガルの適性診断
  • 失敗しない法律事務所の選び方
  • 法律事務所へ効率的に就職するためのノウハウ
  • パラリーガル認定資格講座の詳細
  • その他ご希望に応じて聞きたいこと

<無料説明会のご予約はこちらから>


The following two tabs change content below.

パラリ部

2010年よりパラリーガル資格やパラリーガル実務に関することの他,法律事務所への就職情報などを配信しているパラリーガル(法律事務)専門のWebメディア。 パラリーガル育成の専門スクールが,信頼性と質の高い情報をお届けします。