パラリーガルとは?法律事務の仕事内容・給与

パラリーガルとは?プロが答える仕事内容・年収・なり方 まとめ

パラリーガルとは

パラリーガルとは

パラリーガルとは、弁護士の指示・監督のもとで法律業務を行い、弁護士の業務をサポートするお仕事です。
つまり、パラリーガルとは、弁護士が執り行う法律事務を補助する一つの専門職です。

しかし、広義では、弁護士秘書を含む法律事務所で働く事務職員を総称して「パラリーガル」といったりもします。
実務の世界では、「パラリーガル」=「法律事務職員」といったように捉えられる場合も少なくありませんが、パラリーガルはある程度の法律知識や専門的な法律事務手続に関する知識が求められることから、厳密には一般事務とは区別されます。

そして、近年では、その専門スキルを生かし、企業の法務部等で活躍するパラリーガルも増えてきています。

■ パラリーガル認定資格制度の詳細についてはこちらから>>

パラリーガルの仕事内容

パラリーガルは、弁護士の指示・監督の下、主に以下のような業務を行います。

1. 秘書及び一般事務業務

  • 電話応対
  • 弁護士のスケジュール管理
  • お客さんの応対
  • 郵便処理
  • 証拠書類等の裁判書類の準備と提出
  • 戸籍謄本や住民票、不動産登記簿謄本等の請求
  • 経理や給与計算
  • 裁判所、法務局、市区町村役場、弁護士会などへの外回り

2. パラリーガル業務

  • 弁護士が行う法律相談前に行う準備的な聞き取り
    → 依頼者の住所・氏名の他、必要な範囲内で家族構成などを記録にとり、簡潔にまとめます。
  • 弁護士が行う法律相談や依頼者との打ち合わせに同席
    → 相談内容や打ち合わせ内容を記録にとり、簡潔にまとめます。
  • 法律、判例、文献の調査
    → 書籍やデータベースを利用し、事件に関連する資料を収集します。
  • 裁判所類の作成及び起案
    → 訴状、準備書面、証拠申出書、陳述書などといった、裁判所に提出する書面のドラフト(下書き)をしたりします。
  • 裁判所への同行
    → 裁判所で行われる弁論や弁論準備の他、破産審尋問や免責審尋といった裁判手続きに同行し、必要に応じて傍聴席で記録をとったりします。
  • 債務整理等における相手方業者との交渉
    → 借金整理に関する事件の場合、相手方業者(債権者)と和解交渉を行ったり、和解契約書のドラフト(下書き)を行ったりします。
■ パラリーガル認定資格制度の詳細についてはこちらから>>

誰にでもできるお仕事です法律事務所に入った後、先ずは「秘書業務」や「一般事務業務」を覚え、徐々にキャリアアップを図る中で、「パラリーガル業務」に入って行くというのが、一般的な流れになります。
法律事務所での業務は、「パラリーガル業務」のみならず、「秘書及び一般事務業務」であっても専門性が高いお仕事です。したがって、キャリアを積むに比例し、専門スキルはどんどん上がって行きます。

また、パラリーガルという仕事は、一見難しそうに思われるかもしれませんが、このお仕事は誰にでもできるお仕事です。難しい法律知識も必要ありませんし、当然、全く法律を学んだことのない方でもパラリーガルになれます。



パラリーガルの魅力

1. 専門スキルゆえ転職に強い

転職に強いパラリーガルが持つ専門スキルは、全国の法律事務所で共通であるため、どこの法律事務所でも即戦力として働くことができます。

また、このパラリーガルスキルの習得に終わりはなく、10年キャリアがあるパラリーガルも、学ぶべきことはまだまだ山ほどあります。

日々の業務の中で積み上げてきたスキルがパラリーガルの財産であり、勤務年数や仕事への取り組み姿勢によって、個々のパラリーガルが持っているスキルも大きく異なります。

したがって、弁護士からすれば、経験豊富でスキルの高いパラリーガルが欲しいと思うのは当然のことであり、こうしたパラリーガルは年齢に関係なく、引く手あまたです。
このように、スキルを積むことにより、より弁護士から必要とされるパラリーガルとなり、いつでも他の事務所に転職することができます。

■ パラリーガル転職支援制度の詳細についてはこちらから>>

2. 女性にとって働きやすい

パラリーガルは、その約8割が女性で、まだまだ女性が多い職種です。
女性中心の職場であることから、女性に対する理解もあり、女性にとって働きやすい事務所が比較的多いです。
そして、パラリーガルはキャリアとスキルが全てであり、年齢に関係なく、長くずっと働き続けることができる仕事です。

また、配偶者の転勤や家族の介護の問題が生じて、引っ越しを余儀なくされた場合でも、引っ越し先の法律事務所に転職することが可能です。
さらに、パラリーガルは専門スキルであるため、パートやアルバイトという形でも重宝されます。

したがって、結婚や子育てなど、その時々の自分のライフスタイルに合わせて、好きな雇用形態で仕事ができるというのは、働く女性にとってはとても大きな魅力です。

3. 社会貢献度が高い

社会貢献度が高い「基本的人権を擁護し、社会正義を実現する」というのが、弁護士の使命です。
そして、この弁護士をサポートすることが、パラリーガルの仕事であり、パラリーガルも弁護士同様、依頼者の生命・自由・財産を守り、社会正義のために仕事をすることになります。

法律事務所には、日々、法律トラブルを抱えた沢山の依頼者がやってきます。
藁をも掴む思いで来られたこうした方々の問題を解決するため、弁護士と二人三脚で頑張った結果、依頼者の笑顔と感謝の言葉を聞いたとき、多くのパラリーガルが、この仕事に対するやり甲斐と誇りと実感するところです。

■ パラリーガル資格が取得できる3つのコースについてはこちらから>>

パラリーガルの給与・年収

パラリーガルの年収は千差万別

年収は千差万別一口にパラリーガルといっても、その仕事内容は千差万別です。パラリーガルの収入も、基本的に職務内容に応じて大きく異なります。

たとえば、ある渉外案件を多く扱う法律事務所で働く、中国語がペラペラのパラリーガルの女性は、50代で年収が800万円程度あります。
また、倒産・破産の案件をメインで扱う法律事務所で、弁護士顔負けの仕事を任されている20代の敏腕パラリーガルは、20代で年収が500万円以上あります。

他方、法律事務所でコピー、電話番等の一般事務のみを行うようなパラリーガルの場合は、基本的には一般的なOLと同じ程度の収入(250万円~300万円ほど)となります。
また、職務内容だけではなく、法律事務所の規模や雇用形態、事務所の所在地などによっても収入が変わってきます。

したがって、パラリーガルとしての自分の収入がどれくらいになるかは、事前にしっかりと応募先の事務所に確認するようにしましょう。

正規雇用パラリーガルの年収の相場は250~500万円

正規雇用されたパラリーガルの年収は、250万円~500万円程度です。

渉外事務所などの外資系の法律事務所や、特許などの専門的な案件を扱う法律事務所のパラリーガルですと、600万円~800万円ほどもらえることも少なくないです。

なお、契約社員の場合は、200万円~350万円程度が相場です。

非正規雇用パラリーガルの給料の相場は時給800~1200円

一般的な法律事務所のアルバイトの場合は、時給800~1000円程度が相場です。

大手の渉外事務所ですと、アルバイトでも1200円前後もらえることも多いです。

なお、パラリーガルは、アルバイトから正規雇用されることも多いです。

ボーナスや福利厚生も確認しておこう

パラリーガルの収入を考えるときに、一緒に確認しておきたいのが福利厚生です。
ボーナスがもらえるかどうかも事務所によってまちまちです。

また、パラリーガルは働いた分だけスキルが身につくお仕事です。
そこで、事務所によっては、雇用・育成したパラリーガルを逃さないため(長く働いてもらうため)、産休・育休取得した後、職場復帰しやすい制度や、再就職しやすい制度を設けていたりすることも少なくありません。

特に女性はライフスタイルの変化に伴い働き方も変わるため、結婚・出産の際に給料がどうなるのか、福利厚生も含めしっかり確認しておきましょう。


パラリーガルの将来性

パラリーガルの将来性司法制度改革によって弁護士の数が増加し、弁護士間(法律事務所間)の競争も激しくなってきている現在、パラリーガルのニーズは非常に高まっています。

また、弁護士の法人化、弁護士報酬の自由化、広告禁止の廃止など、弁護士業界にも一般企業と同様の市場原理が導入されるに至っています。
市民に対して、リーズナブルで利用しやすく、より質の高い法的サービスを提供することが、今の法律事務所業界には必要不可欠となっています。

そこで注目されているのが、優秀なパラリーガル(法律事務職員)の活躍です。
単なる一般事務や秘書業務に留まることなく、より専門的な法律事務スキルを生かし、弁護士をサポートするパラリーガルの需要が年々高まっています。

また、近年、企業の中で働く弁護士の増加やコンプライアンスに対する意識の高まりにより、パラリーガルスキルを持った人材を求める企業が急増しています。
このように、こらからのパラリーガルは、法律事務所のみならず、企業の法務部などでも幅広くその活躍が期待されています。

■ パラリーガル資格講座のカリキュラムと日程についてはこちらから>>

パラリーガルの資格

日本では、パラリーガルは国家資格となっていません。現在、民間資格として、パラリーガル資格が取得できるものとしては、一般社団法人日本リーガルアシスタント協会が実施しているものがあります。

一般社団法人日本リーガルアシスタント協会は、国内でパラリーガル認定資格が取得できる唯一の機関となります。

この資格は、3段階に分かれており、個々のレベルに合わせて資格が取得でき、法律事務所での実務経験が無くても、誰でも受験可能です。

資格の種類

  • エレメンタリー・パラリーガル(初級)
  • インターメディエイト・パラリーガル(中級)
  • アドバンスド・パラリーガル(上級)
パラリーガル資格種類
■ パラリーガル認定資格制度の詳細についてはこちらから>>

パラリーガル資格取得 5つの強み

  1. パラリーガル資格を取得することで、単なる事務職員ではく、法律事務スキルを客観的に証明することが可能

  2. 法律事務所での実務経験が無くても、パラリーガル有資格者であることを証明することによって、他の未経験者と差別化が図られ、強いアピールになる。

  3. パラリーガルスキルは、全国の法律事務所で共通であるため、とにかく転職に強い

  4. パラリーガルスキルは、法律事務所のみならず、企業の法務部などでも需要が高いことから、企業に対してもそのスキルを客観的に証明できる

  5. 採用する側からすると、たとえ未経験者であったとしても、資格を持っていることで一定のスキルがあることが分かることに加え、教育の負担が軽減されるので採用しやすい。



どうやってパラリーガルになるのか

法律事務所へ送付する応募書類は独特

応募書類パラリーガルになるための法律事務所への応募書類は、やはり、一般企業へ提出するものとは異なります。例えば、リーダーシップのアピールは、一般企業では有効でしょうが、法律事務所ではむしろ逆効果です。

また、職務経歴書のレイアウトも、一般企業向けに推奨されているものは、必ずしも弁護士にとって読みやすいものではありません。どんなに時間をかけて、一生懸命に詳しく作成した応募書類も、採用する弁護士にとって読み難ければ、即アウトです。

更に、事務所によって、その規模や取り扱う専門分野は様々で、法律事務も一般事務から専門的なものまで多種多様です。したがって、応募先の法律事務所の特徴を把握し、相手が何を求めているのかを掴み、それに沿った内容で書類を作成する必要があります。

もし、法律事務所への就職を望んでいて、なかなか応募書類が通らないという場合には、まず、この業界に対する理解からはじめましょう。

■ パラリーガル転職支援制度の詳細についてはこちらから>>

実務経験はあると有利だが、なくても就職できる

法律事務所に就職・転職する際、多くの事務所が欲する人材は、やはり「実務経験者」です。そんなことを言うと、「未経験の私には無理じゃないか・・・」と思われる方もいるかもしれませんが、その心配の必要はありません。

現にAGの受講生は、その約9割が法律事務所で働いたことのない、いわゆる「未経験者」です。それでも、毎年、就職率は、約8割前後です。したがって、未経験者でも全然大丈夫です!

資格を持っていると有利

次に、「資格」についてですが、これは、持っていないと法律事務所に就職できないというわけではありません。
しかし、やはり資格を持っていることは、就職・転職においては有利に働きます。
単に法律事務の勉強をしたということに留まることなく、持っている法律事務(パラリーガルスキル)を、資格によって「客観的に証明」することができるのは大きいです。

また、これまで、AGの修了生を採用してくださった弁護士の先生方からは、「お金と時間を使って勉強し、資格まで取得しているということは、本気でパラリーガルになりたいと思っているのだろうし、パラリーガル業務についても理解している」という理由で採用したという声を度々聞きます。

■ パラリーガル資格講座のカリキュラムと日程についてはこちらから>>

事務処理能力や秘書能力の証明になる資格

その他、応募する法律事務所によって、TOEICや中国語検定などが有効な場合もあります。

パラリーガルについての資格

日弁連の認定試験に合格すれば、パラリーガルとしての能力の証明になります。しかし、日弁連の試験を受験するには、法律事務所で勤務するなどして、法律事務職員としての実務経験があることが要件となっています。


こちらはパラリーガルの認定資格試験です(民間資格)。JLAAの認定資格試験の受験には、実務経験は要りません。法律初学者でも受験可能です。

■ AG法律アカデミーの資格講座の特徴についてはこちらから>>


プロの手を借りて効率良く法律事務所に就職する

効率良く法律事務所に就職するパラリーガルになるための方法は、一つだけというわけではありません。
事務所の規模や取扱事件のよって求められるものが異なります。

また、応募者の職歴や持っているスキルによって、入りやすい事務所(向いている事務所)も違ってきます。
それゆえ、自分にあった就職・転職活動の方法が分からず、時間が掛かってしまったり、自分に合わない事務所に入ってしまうということが少なくありません。

したがって、最小限の労力で、法律事務所へ就職するためには、パラリーガル育成のプロの手を借りてワンステップで就職しまうのが効率的です。

AG法律アカデミーでは、法律事務(パラリーガル)スキルの基礎が学べるだけではありません。
パラリーガル資格(JLAA認定)が取得できるとともに、法律事務所への就職サポートも充実しています。

主な就職サポートとしては

  • 法律事務所に適した、履歴書・職務経歴書・志望動機書の添削
  • パラリーガル専門の転職エージェントと提携し、就職先の紹介

パラリーガルは、専門スキルが身につくだけでなく、社会貢献度も高い、とても魅力的なお仕事です。ぜひ、効率よくパラリーガルを目指してくださいね。